SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

阪神打線唯一の3安打猛打賞で存在感を発揮した北條史也!

阪神打線唯一の3安打猛打賞の北條史也

10月4日に阪神甲子園球場で行われた読売ジャイアンツとの一戦で、5打数3安打と阪神打線唯一の3安打猛打賞を記録し、存在感を発揮した北條史也。

初回に巨人先発の戸郷翔征からセンター前ヒットを放つと、3回には先頭打者で低めのスライダーを捉え、左中間に運び、好走塁でツーベースヒットとした。9回にもレフト前ヒットを放ち、阪神打線唯一の3安打猛打賞を記録した。

阪神打線唯一の3安打猛打賞を記録した北條史也は、「ジャイアンツ戦は負け越していますし、勝ちたい気持ちが強いので、そういった気持ちで臨んだ結果が今日の結果につながったと思います」と巨人には負けないという強い負けん気を見せた。

この試合は打順の巡り合わせが悪く、当たっている北條史也の打席でランナー貯めることができなかった。

大型連勝をしていく為には、日替わりヒーローの存在が必要不可欠だ。

1試合1試合で当たっている打者の打席でランナーをしっかり貯め、得点していける流れを作れるかが阪神タイガースの大型連勝へのカギではないだろうか。