SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

約3カ月ぶりの1発を放った木浪聖也が絶対に負けられない相手とは!?

約3カ月ぶりの3号ソロHR放った木浪聖也

10月27日に阪神甲子園球場で行われた中日ドラゴンズとの一戦で、4打数2安打1HR1打点と約3カ月ぶりの1発となる3号ソロホームランを放った木浪聖也。

2回先頭打者で打席に立った木浪聖也は、中日ドラゴンズ先発福谷浩司の内角に来たスライダーを振り抜き、ライトスタンドギリギリに放り込む先制ホームランを放った。

7月28日のヤクルト戦以来となる3号ソロホームランを放った木浪聖也は、「やっぱり、甲子園で走るのは気持ちいいです」。と語った。

9月下旬のチーム内のコロナ禍で、球団独自の濃厚接触者に指定され一時離脱していた木浪聖也だったが、その間に1軍で躍動する小幡竜平の姿にかなりの刺激と危機感を感じていたようだ。

木浪聖也自身も「やっぱり刺激になりましたし、絶対負けないという気持ちが生まれました」。と同期入団の小幡竜平から1軍に戻ったらすぐにポジションを奪い返す努力を積んでいたのだろう。

その結果、10月25日に再昇格してから2戦連続でスタメン出場すると、2戦連続でマルチヒットを放ち、昨夜はホームランも飛び出した。

今度は、ベンチからその姿を見ていた小幡竜平も負けられない気持ちでいたに違いない。

今シーズン残りでスタメン争いを繰り広げながら、両選手が共に成長し、来シーズンさらなる活躍を見せてもらいたい。