SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

6回無失点の粘りの投球で2年連続の規定投球回到達へ前進した青柳晃洋!

6回無失点の粘投見せた青柳晃洋

11月3日に阪神甲子園球場で行われたヤクルトスワローズとの一戦で、6回106球、7安打2四球無失点と粘りの投球を見せ、2年連続の規定投球回到達へ前進した青柳晃洋。

青柳晃洋は、6イニングのうち3イニングでランナーを二塁まで進められながらも、要所を締めピッチングで4回に陽川尚将のセカンドゴロの間にもぎ取った1点リードを守り、6回まで投げ切った。

この試合で今シーズン115回1/3を投げ、今シーズンの規定投球回120イニングまで残り4回1/3とし、あと1試合に登板し、5回まで投げ切れれば、2年連続の規定投球回到達となる。

今シーズン、2年連続で規定投球回到達をクリアしているのは、西勇輝と中日大野雄大のみ。

残り1試合の登板で青柳晃洋が2年連続となる規定投球回到達を達成できるか注目だ。