SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

今季実戦打率.444と結果を残し続ける!開幕スタメン狙う高山俊

佐藤輝明に負けない輝き放つ高山俊

2月18日にアトムホームスタジアム宜野湾で行われたDeNAベイスターズとの練習試合で、「1番中堅」でスタメン出場した高山俊。

ドラフト1位ルーキーの佐藤輝明が、バックスクリーン越えの特大ツーランホームランを含む4安打3打点の大爆発で阪神タイガースを逆転勝利に導き、注目を集める中、負けじと輝きを放ったのが高山俊だ。

初回に大貫晋一からセンター前ヒットを放つと、2回にもライト前ヒットを放ち、2打席連続となるヒットを放ち、首脳陣にアピールした。

これで今季の実戦は18打数8安打、打率.444と素晴らしい数字を残しており、各々の試合でコンスタントにヒットを放つ安定感を見せている。

2安打を放った高山俊は、「状態がいいか悪いかは分からないけど、自分の思っているところは分かっている」。と、昨季終盤からファームで取り組んできた新打法が好結果を呼んでいる。

更なる高みを期待する矢野監督

高山俊の活躍ぶりに井上ヘッドコーチは、「俺も負けないぞ!くらいの気持ちで結果を出していくっていうのは、先輩の意地とテル(佐藤輝)の加入による相乗効果かな」と喜びの声をあげた。

しかし、矢野監督は2安打を評価しながらも、9回の最終打席をカウント3-0から積極的にバットを振ったが、センターフライに倒れた高山俊に対し、「さらにどん欲にね。最後の打席でもう1本ね。ちょっと自分のスイングではなかった」。と2安打に満足せず、3安打の固め打ちを披露できる選手へ成長して欲しいと鼓舞した。

高山俊も自分の置かれている立場は十二分に分かっており、「今は主力が出てないから出ているだけ。別に今は打ったからってどうもこうもない」。と、更なる進化へ邁進している。

佐藤輝明や主力陣に負けないほどの輝きを放ち続け、開幕スタメンを勝ち取る高山俊を阪神ファンは期待している。