SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

新打撃フォームフィットで打率.417と好調の高山俊!

藤浪晋太郎や佐藤輝明と共に輝く高山俊

2月21日にかりゆしホテルズボールパーク宜野座で広島カープと練習試合を行った阪神タイガース。

阪神の先発は、今年初となる先発マウンドの藤浪晋太郎。初回から最速154キロのストレートと147キロのフォークを投げ込み、広島打線に対し、3イニングを3奪三振2安打1四球の無失点で封じ込めた。

藤浪晋太郎の復活を予感させる投球内容に各球団のスコアラーが悲鳴をあげると共に、警戒を強めた。

打っては、ドラフト1位ルーキー佐藤輝明が「3番・左翼」で出場し、昨シーズン新人王に輝いた森下暢仁と初めて対戦し、2打数1安打2出塁と初対決ながら、ヒットを飛ばした。

そして、藤浪晋太郎や佐藤輝明に負けず、輝きを放ったのが、「6番右翼」でフル出場し、バットと激走でアピールした高山俊だ。

バットと激走でアピールした高山俊

「6番右翼」でスタメン出場した高山俊は、2回1アウトの場面で森下暢仁の内角139キロカットボールを上手くさばいて、左中間へ運び、果敢に走ってツーベースヒットとし、チャンスを拡大した。

4回には床田寛樹の内角変化球を引っ張り、ライト線のフライを野間峻祥がグラブではじいた間に三塁まで一気に進塁し、記録は安打と敵失で到達した。

さらに、梅野隆太郎のショートゴロの間に、三塁から好スタートを切って先制のホームに滑り込み、走塁でも光る部分を見せた。

バットと激走でアピールを見せた高山俊は、これで実戦8試合で打率.417。

無安打に終わった20日の中日ドラゴンズ戦で手応えを掴んだと言う高山俊は、「昨日、結果は出ていないですけど、僕的にはちょっと良くて。それが今日につながった」と明かした。

昨シーズン終盤から練習を始め、今シーズンは右足を大きく開き、体を投手側に正対させるように構えるオープンスタンスを本格的に取り入れる高山俊に対し、北川打撃コーチは、「懐が大きくなったのが一番だと思う。目線が変わるから思い切った形にはなるけど、本人がしっかり対応して順応したから、今のところはしっくりきているんじゃないかなと思います」と評価した。

矢野監督も「走塁も良かった」とし、新フォームについても、「自信というか、この打ち方でいいんだというのがあいつの中の手応えとして確認できていると思う」。と高評価を送った。

佐藤輝明という要注目プレイヤーが登場したことにより、高山俊のお尻に火をさらに大きく燃やし、何が何でも開幕スタメンを奪ってやろうという気持ちが、高山俊からはひしひしと伝わってくる。

佐藤輝明のようにルーキーイヤーに期待され、結果を残した高山俊のあの輝きを阪神ファンは今シーズンこそ取り戻してくれると期待している。