SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

高橋&西の離脱で暗雲の阪神開幕ローテ入りに期待の3回0封と好投見せた若虎とは!?

仕上がり順調の秋山拓巳

2月23日にかりゆしホテルズボールパーク宜野座でDeNAベイスターズと練習試合を行った阪神タイガース。

阪神の先発は、昨季2戦2勝ながら、同一リーグの球団別ではワーストの防御率で苦しめられた秋山拓巳。

しかし、昨シーズンの苦しさは全くなく3回1安打無失点の好投を見せ、西勇輝など先発陣に離脱者が相次ぐ中、開幕に向けて万全な仕上がりを見せた。

打っては、今シーズン初実戦となるジェリー・サンズがコンバート予定の「5番・一塁」でスタメン出場した。

守備では、1、2回と積極的な動きをみせ、ずっと一塁を守っていたかのような軽快な守備を披露し、打っては、4回先頭打者で打席に入ると、2ボールから阪口皓亮の高め直球を左中間へ弾き返し、ツーベースヒットを放って見せた。

初実戦でのサンズの1塁守備を見て矢野監督は、「もともとハンドリングはうまいしね。ボールを捕っているのを見ても、ファーストもできるなっていうのは思うし」と守備面を評価した。

先発ローテ争い生き残りへ前進した馬場皐輔

開幕ローテーション入りを目指している馬場皐輔が3番手で登板し、3回2安打無失点と好投を見せた。

1イニング目の6回には、1塁走者に計6度も牽制球を投げ、原口文仁の二盗阻止をアシストし、「けん制のタイミングも自分で考えました」と投げることに精一杯だった昨シーズンとは違い、投球術を自ら考えながら投球ができていることを明かした。

3回2安打無失点の結果に対しても馬場皐輔は、「攻めた投げ方ができて良かった。」と納得の表情を浮かべた。

高橋遥人が右脇腹痛で離脱し、西勇輝も帰阪し、開幕ローテーションに大きく穴が空いた阪神タイガースにとって、馬場皐輔が台頭すれば嬉しい誤算となる。

阪神タイガースにとってのピンチを馬場皐輔はチャンスに変え、開幕ローテーション奪取へ更なるアピールを続けてもらいたいものだ。

阪神タイガース先発投手陣の救世主となり、今シーズン馬場皐輔がブレイクする姿が見られるかもしれない。