SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

矢野監督も絶賛の手応え十分の一発放った!陽川尚将

ソフトバンクから3試合連続で先取点を奪った阪神

3月7日に阪神タイガースは、ペイペイドームでソフトバンクホークスとオープン戦を行った。

先発にはオープン戦初登板となった開幕ローテーションの一角を担う予定のチェン・ウェインが上がったが、2回の先頭打者で打席に立った栗原陵矢の痛烈な当たりが右足付近に直撃して内野安打になるアクシデントもあり、3回を投げて8安打4失点に終わった。

しかし、2番手以降のガンケル、エドワーズ、スアレスの外国人リリーフ陣が無失点リレーを披露し、追加点を許さなかった。

打っては、日米通算143勝のベテラン左腕・和田毅から初回にジェフリー・マルテが1号ソロホームランを放ち、阪神タイガースはオープン戦ではあるが、ソフトバンクから3試合連続で先取点を奪った。

手応え十分の一発放った陽川尚将

「5番・右翼」でスタメン出場した陽川尚将が、開幕右翼スタメンに最有力の高山俊からスタメンを掻っ攫う手応え十分の一発放った陽川尚将。

第1打席は、和田毅にバットを折られながらもレフト前へしぶとく運び、ヒットを放つと、第3打席では2番手で登板した二保旭の144キロのストレートを振り抜き、実戦2発目となる豪快なアーチを広いペイペイドームのレフトスタンドに突き刺した。

手応え十分の一発放った陽川尚将は、「追い込まれていたので何とか次につなぐというか、コンパクトに振ろうと思っていた。それがああいう結果につながったのでよかったかなと思います」。と満足の表情を見せた。

宜野座キャンプからソフトバンクとのオープン戦までの実戦で陽川尚将は33打数12安打の打率.364、2本塁打、5打点とメディアが騒ぐ高山俊の陰で確実に結果を残してきている。

結果を残し続ける陽川尚将に対し、矢野監督は「去年から段階がワンランク、ツーランク上がったかなというところを見せてくれているし、外野もファーストもできるんでね。左ピッチャーであったり、いろんなところで、スタメンで使いたくなるようなポテンシャル能力はある。中身のしっかりした打席が多かった。頼もしく見ています」としっかりと評価した。

ライト争いは筆頭候補の高山俊のほか、ベテラン糸井嘉男も好調をキープしており、一塁を争うマルテやサンズも1発を放つなど結果を出している。

しかし、内外野両方できる陽川尚将の活躍は、矢野監督の目にしっかり止まっている。

激化する開幕スタメン争いを制し、開幕戦のラインナップに陽川尚将の名前があるのか注目だ。