SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

11安打9得点と猛虎打線爆発に導いたチャンスを生み出す!近本光司

1軍初勝利を挙げた西純矢

阪神タイガースは3月10日、9日に続き、阪神甲子園球場で広島カープとオープン戦を行った。

近本光司やサンズらがタイムリーヒットを放ち、11安打9得点と猛虎打線爆発で広島カープに快勝した。

驚愕だったのは、ドラフト1位ルーキー佐藤輝明が打った瞬間ホームランとわかる一撃を右中間、左中間の膨らみの広さは日本一と言われる甲子園の左中間最深部に「聖地1号」を突き刺した。

投げては、先発の斎藤友貴哉が5回3失点と苦しむも、続く小林慶祐、小野泰己、石井大智が無失点リレーを披露し、広島カープの追撃を許さなかった。

一挙3点の猛攻呼び込んだ近本光司

「1番・中堅」で先発出場した近本光司がマルチヒットを放ち、打撃好調ぶりを披露した。

3回、先頭打者の長坂拳弥がフェンス直撃の左越えツーベースヒットを放ち、出塁すると、続く木浪聖也が四球を選び、ノーアウト1、2塁のチャンスで打席に立った近本光司がカウント1-0から広島・中村祐太の141キロのストレートを鮮やかに捉えライト前に運び、先制点をもぎ取った。

近本光司の先制タイムリーヒットが口火となり、続く糸原健斗とマルテが連続犠飛でさらに2点を追加し、一挙3点を奪う猛攻を呼び込んだ。

さらに、近本光司は5回にもフェンス直撃のツーベースヒットを放ち、サンズのタイムリーツーベースヒットと佐藤輝明の2ランホームランを呼び込むチャンスメイクを披露した。

阪神打線好調の陰には、チャンスを生み出す近本光司の働きが大きく影響を与えている。

このままの勢いでシーズン開幕後のスタートダッシュを切れるかどうかも近本光司の存在が大きく影響を与えそうだ。