SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

OP戦7イニング無失点と抜群の安定感見せる!馬場皐輔

佐藤輝明の1発で完封勝利

阪神タイガースは3月14日、阪神甲子園球場で読売ジャイアンツとのオープン戦を行い、2019年ドラフト3位の及川雅貴が先発に上がり、4回にはノーアウト1、2塁のピンチを作るも梶谷隆幸、岡本和真、丸佳浩の主軸を抑えて切り抜け、4回1安打無失点と堂々の1軍デビューを果たした。

巨人打線を無失点で抑える最高の1軍デビューを果たした及川雅貴は「毎日緊張していて、落ち着かない部分もあった。投げ終えてホッとしているというのが一番です」。とホッと胸を撫で下ろした。

打っては、4回2アウト走者なしの場面で、佐藤輝明が高橋優貴の143キロのストレートを完璧に捉え、打球はレフトポール際に吸い込まれ、一度はファール判定もビデオ判定で覆り、12球団最速のオープン戦4号ホームランにして、ドラフト制後では球団新人最多を記録した。

3回2安打無失点の好投見せた馬場皐輔

4回1安打無失点と堂々の1軍デビューを果たした及川雅貴の後を受け、2番手としてマウントに上がった馬場皐輔は、巨人打線を3回2安打無失点に抑え、開幕1軍入りへアピールした。

2イニング目の6回には2アウトから梶谷隆幸、岡本和真に連打を浴び、丸佳浩には四球を許し、満塁のピンチを作るも、中島宏之を空振り三振に仕留め、無失点で切り抜けた。

巨人の強力クリーンナップをピンチを作りながらも無失点で切り抜けた馬場皐輔は、「(ピンチも)苦しい感じがまったくなかった。2死でしたし、三振を取りにいくっていう。前に飛ばされるんだったら、三振を取りにいって取れた。今日の収穫」と手応えを感じた。

これでオープン戦3試合に登板し、計7イニングで無失点と素晴らしい投球内容に、矢野監督も納得の表情を浮かべた。

春季キャンプでは先発再挑戦で開幕ローテを争っていたが、オープン戦は3試合とも中継ぎ起用と、開幕ローテから中継ぎエースへと目標を切り替え、馬場皐輔は勝利の方程式入りに挑む。