SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

7試合ぶりのOP戦3号とピンチ救うスライディングキャッチで攻守に存在感を示した!サンズ

5回4安打無失点の好投見せた秋山拓巳

阪神タイガースは3月17日、メットライフドームで西武ライオンズとのオープン戦を行った。

先発には秋山拓巳が上がり、立ち上がりから理想的な投球でリズムに乗り、5回4安打無失点と順調な仕上がりを披露した。

5回4安打無失点の好投を見せた秋山拓巳は「変化球が少し浮くことがありましたが、全体的にストレートは良かったと思います。西武打線は振ってくる打者が多いので怖さはありましたが、逃げることなく向かっていく投球をすることができたと思います」。と球速以上の威力で西武打線を手玉に取った。

そして6回からは、開幕ローテーションの最後の1枠を狙う西純矢が登板し、先頭の山川穂高にいきなり二塁打を打たれると、1アウト後に外崎修汰にもヒットを許し、木村文紀のタイムリー二塁打で2点を失った。

その後は立て直したものの、9回に先頭のブランドンにソロホームランを浴びると、内野安打や四球を与えてピンチが続いたものの、西武打線の拙攻にも助けられ、追加点を与えることはなかったが、4回6安打3失点と開幕ローテ入りへの最後のアピールはできなかった。

攻守で存在感を示したサンズ

「5番・左翼」で先発出場したジェリー・サンズが、7試合ぶりとなるオープン戦3号ホームランとピンチ救うスライディングキャッチで攻守に存在感を示した。

4点リードの5回2アウト1、3塁のピンチの場面で、4球目に一走・源田壮亮が二盗を決め、2、3塁に状況が代わった後、打者の森友哉がレフト方向に高々と飛球を打ち上げると、この打球の着地点へ、サンズが猛然とダッシュを見せ、ライン際の飛球めがけて前進し、最後はスライディングキャッチを披露し、無失点投球を続ける秋山拓巳をアシストした。

好守で波に乗ったサンズは、6回1アウトランナーなしの場面で、西武2番手・井上広輝の初球、146キロのストレートを豪快に振り抜いて、バックスクリーン左に叩き込み、7試合ぶりとなるオープン戦3号ソロホームランを放った。

オープン戦打率.391と打撃好調のサンズは、「ああいった好打者(佐藤輝明)が自分の後ろにいてくれるのはすごく心強いね。ルーキーながら彼がいることでチームにとっても自分にとってもプラスになる」。と佐藤輝明がいることで阪神打線を強力にしていると力説した。

チームは12球団トップとなるオープン戦10戦17発を放つ阪神タイガース打線、今シーズンはホームランを量産する阪神タイガースを見られるかもしれないと思うと開幕が待ち遠しいばかりだ。