SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

今季1軍初登板を1回無失点と開幕へ万全の投球見せた!阪神不動のセットアッパー岩崎優

6回2安打無失点10奪三振の快投を見せた青柳晃洋

阪神タイガースは3月20日、19日に続き京セラドームでオリックスバファローズとオープン戦を行った。

先発には開幕第2戦・27日のヤクルトスワローズ戦に先発予定の青柳晃洋が上がり、立ち上がりから直球の球威と変化球のキレが抜群で、一気にリズムを掴み、6回2安打無失点、10奪三振の快投を見せ、開幕へ弾みをつけた。

初回に先頭打者の佐野皓大からツーシーム、二死として太田椋からスライダーで三振を奪うと、2回、3回と2つずつ奪う超ハイペースで三振の山を築き、6回まで毎回の10三振を奪った青柳晃洋は「もともとゴロピッチャーなんで、意識はしていないですけど…。取れたら取れたで良かったです」と、10奪三振の投球に満足の表情を見せた。

6回2安打無失点10奪三振の快投を見せた青柳晃洋に対し、矢野監督は「完璧じゃないの?打ち取り方もしっかりしていて。申し分ない」。と絶賛した。

青柳晃洋は開幕第2戦・27日のヤクルトスワローズ戦に先発に向け、開幕前最後の試合で10奪三振という最高の仕上がり具合を見せた。

今季1軍初登板を果たした岩崎優

今春キャンプはコンディション面を考慮し、実戦登板せずに慎重に調整していた岩崎優が今季1軍初登板を果たし、阪神不動のセットアッパーとして、圧巻の投球を見せた。

8回にマウンドに上がった岩崎優は、先頭打者の杉本裕太郎をチェンジアップで空振り三振に切って取ると、続くT-岡田に内野安打を許すも、伏見寅威をレフトフライ、紅林弘太郎をセカンドフライに打ち取り、無失点で終えた。

今季1軍初登板で1イニングを無失点に抑えた岩崎優は「いい調整ができていたので、いい感じでシーズンに入れる」。と開幕へ向け、万全のコンディションであることを明かした。

コンディション面を考慮し、実戦登板せずに慎重に調整していた阪神不動のセットアッパーは順調に段階を踏んで、開幕を万全の状態で迎えられそうだ。