SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

3打数2安打1HR2打点1四球と理想の3番打者と化した!マルテ

来日2年目で先発初勝利を挙げたガンケル

3月28日に神宮球場で行われた阪神タイガースとヤクルトスワローズとの開幕第3戦は、昨シーズン救援で22試合に登板し、11ホールド、先発では未勝利のガンケルが先発し、持ち前の制球力で丁寧に投げ分け、6回3安打無失点の好投で来日2年目にして先発初勝利を挙げた。

リリーフ陣では7回からガンケルに代わってマウンドに上がった加治屋蓮が塩見泰隆を二ゴロ、元山飛優を三球三振、中村悠平を二ゴロとわずか8球でヤクルト打線を完璧に押さえ込んだ。

8回に登板したドラフト8位ルーキー石井大智が山田哲人に2ランホームランを打たれたものの、その1発だけで凌いだ。

9回にマウンドに上がった小野泰己は塩見泰隆にセンター前ヒットを許すも、後続を断ち切り、ヒットを許したにも関わらず、わずか11球で試合を締めくくった。

3打数2安打1HR2打点1四球の活躍見せたマルテ

開幕3戦連続で「3番・一塁」で先発出場したマルテが3打数2安打1HR2打点1四球と打って、見て、走って良しの大暴れで理想の3番打者へと進化を見せた。

初回に2番・糸原健斗がセンター前ヒットで出塁すると、続くマルテは低めに沈む変化球のボール球には絶対に手を出さず、ヤクルトスワローズ先発の奥川恭伸から四球を奪い、サンズの先制タイムリー二塁打を呼び込んだ。

3回には自らのバットでフルカウントと追い込まれながらも、スタンド上段に運ぶ今シーズン第1号のソロホームランを放った。

8回にはノーアウト走者2塁の場面でライトへのタイムリーヒットを放ち、一挙4得点を奪う阪神タイガースの猛攻の口火を切り、勝利を決定づけた。

今季初安打が初本塁打となったマルテは「うれしいですし、気持ちいいですし、最高です」。と満足の表情を見せた。

この試合、マルテだけでなく、サンズにもホームランが飛び出し、マルテとサンズで初のアベック弾を放った。

本日3月30日からの広島カープ三連戦でもマルテとサンズのアベック弾が飛び出すか注目だ。