SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

三塁打含むマルチヒットで打率5割に戻した!中野拓夢

今季2勝目を挙げた秋山拓巳

4月15日に甲子園球場で行われた広島カープとの一戦に、広島カープキラーの秋山拓巳がマウンドに上がり、立ち上がりから安定感のある投球を披露し、2回以降も、低めに集める丁寧なピッチングで広島打線を抑え込み、7回3安打無失点の好投を見せ、今季2勝目を飾った。

初回、堂林翔太にライト前ヒットと盗塁を許して1アウト2塁のピンチを作るも、西川龍馬をセンターフライに打ち取り、鈴木誠也をフルカウントから外一杯の直球で見逃し三振を奪い、27球を要したが、ピンチをしのぐと、5回は連続四球からノーアウト1、2塁のピンチも、代打安部友裕を外低めの直球で見逃し三振に打ち取ると、後続を内野ゴロに打ち取り、最大のピンチを切り抜けた。

ピンチを作りながらも、無失点で切り抜け、今季2勝目を挙げた秋山拓巳は「自作自演なピンチばっかりだったんで、本当にずっと必死でした」。と苦しみながらも要所を締めるピッチングを披露した。

矢野監督は「先発陣は本当によく頑張ってくれているんでね。最高でした」。と絶賛した。

長打2本のマルチヒット放った中野拓夢

4戦連続スタメンとなる「8番・遊撃」で先発出場した中野拓夢が、2戦連発の佐藤輝明に負けじと三塁打と二塁打も長打2本を放ち、打率を5割に戻し、阪神の勝利に貢献した。

第1打席は広島カープ先発の床田寛樹を相手に、2回1アウト3塁の場面で見逃し三振に倒れるも、4点リードで迎えた4回1アウト走者なしの場面で、床田寛樹との再戦で2ボール2ストライクからツーシームを捉え、ライト線を破る三塁打を放ち、6回1アウト走者なしの場面では広島カープ2番手・コルニエルから1塁線を破る二塁打を放ち、マルチヒットを記録した。

左投手からヒットを放った中野拓夢は「右投手の時だけと思われてしまうとチャンスが減る。両方の投手を打てるようにやっていかないとスタメンは取れない」。と自分の置かれている立場をしっかりと理解し、躍動する。

左投手が先発でも中野拓夢をスタメンに抜擢した矢野監督の采配がズバリ、ハマる中野拓夢のマルチヒットの活躍にまたしても、引き続き起用したいと矢野監督も頬を緩めた。

佐藤輝明のド派手な活躍が中野拓夢含め阪神タイガース全体に波及し、今のチーム状況を作り上げていることは間違いない。

佐藤輝明の打席に注目が集まりがちだが、打席に立てば6戦連続安打、今季通算24打数12安打で打率5割と躍動する中野拓夢にも注目してもらいたい。