SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

サンズの決勝弾生む大山の浅い犠牲フライから生還した!近本光司

開幕5戦5勝を逃したガンケル

4月25日に甲子園で行われたDeNAベイスターズとの一戦で、開幕5戦5勝を狙うガンケルがマウンドに上がり、3回まで完全投球も4回に4連打で同点とされるなど、イニングによって良い悪いがはっきりした投球だったが、5回2/3を投げ6安打3失点と粘りを見せ、降板した。

初回から3回まで抜群の安定感で完全投球を見せたガンケルだったが、2点リードの4回に先頭打者の乙坂智から4連打を浴び、同点に追いつかれると、5回2アウト1、2塁のピンチで佐野恵太に勝ち越しのライト前タイムリーヒットを許すも、直後の5回裏、先頭打者で打席に立ったガンケルは、DeNAベイスターズ先発の阪口皓亮のストレートを捉え、センターオーバーのツーベースヒットを放ち、近本光司の二ゴロの間に3塁へ進むと、1アウト3塁から阪口皓亮の暴投で生還し、失った1点を自らの一打で取り返した。

勝利投手とはなれなかったガンケルは「イニングによって良い悪いがはっきりしていた。ランナーを背負う場面も多かったけれど、何とか粘りのピッチングができた」。と振り返った。

矢野監督は「粘ってくれた。いいバッティングをしてくれたし。しっかり仕事をしてくれた」。とガンケルの投打の活躍を賞賛した。

サンズの2ラン呼び込む足見せた近本光司

「1番・中堅」で先発出場した近本光司は、7回先頭打者で出塁し、大山悠輔の浅い犠牲フライから一気に生還し、阪神タイガースの勝利に大きく貢献した。

7回先頭打者で打席に立った近本光司は、DeNAベイスターズ3番手・砂田毅樹からライト前ヒットを放ち、ノーアウト1塁とすると、糸原健斗がフォアボールとなり、陽川尚将が送りバントを成功させ、1アウト2、3塁のチャンスを作ると、大山悠輔がセンターへ浅いフライを放ち、生還は難しいかと思われたが、近本光司が俊足を飛ばし、一気にホームへ生還し、続くサンズの勝ち越し2ランホームランを呼び込んだ。

ここぞの場面でしっかり送りバントを決めた陽川尚将と浅いフライでも俊足生かし生還した近本光司に対し、矢野監督は「そういうこと。1個1個の流れもありますしね。他でいえば近本が浅い犠牲フライでかえってきたり、陽川が送りバントをしっかり決めてくれたっていうね。ああいうところは試合の流れのなかでも大きなプレーなので。そういうところも陰の功労者というか、ヒーローかなと思います」。と絶賛した。

矢野監督が絶賛した1人1人の小さなプレーの積み重ねがしっかりとできることこそが今の阪神タイガースの強さの秘訣ではないだろうか。