SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

中日・大野雄大攻略へ期待の左投手打率.480とハイアベレージを残す阪神の扇の要とは!?

左投手打率.480の梅野隆太郎

4月25日に甲子園で行われたDeNAベイスターズとの一戦に、「7番・捕手」で先発出場した梅野隆太郎は、打撃では二塁打と長打1本を放ち、守備では乱打戦となった試合をリリーフ陣をうまくリードし、接戦をものにした。

2回、サンズがフォアボールで出塁し、佐藤輝明が2ランホームランを放ち、先制点を奪った直後、ノーアウト走者なしの場面で打席に立った梅野隆太郎は、DeNAベイスターズ先発の阪口皓亮の3球目145キロのストレートを弾き返し、ライトへのツーベースヒットを放ち、更なる得点のチャンスを演出した。

守備では岩貞祐太が2失点を喫したが、その後を受けてマウンドに上がった岩崎優、スアレスをうまくリードし、無失点リレーを披露し、阪神タイガースを勝利に導いた。

開幕から22試合連続でスタメンマスクをかぶり、得点圏打率.588と、攻守で存在感を示してきた梅野隆太郎には得点圏打率だけでなく、もう一つ突出した打撃の数字がある。

それは対左投手との打率.480というハイアベレージだ。

本日27日に対戦する中日ドラゴンズのエース大野雄大攻略へ頼もしい数字を持ち合わせるのが阪神タイガースの扇の要、梅野隆太郎なのだ。

対左投手との打率.480でヒットを量産し、チャンスの場面でも得点圏打率.588のハイアベレージで試合を決定づける一打を放つことができるのか注目だ。