SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

阪神2連敗も光明あり!5戦ぶりマルチ放ち復調期待の矢野監督が最重要視する攻撃の起点とは!?

6回3安打2失点と粘投見せた青柳晃洋

4月28日にバンテリンドームで行われた中日ドラゴンズとの一戦に、今シーズン3勝目を目指し、マウンドに上がった青柳晃洋は、初回を3者凡退に抑え、好スタートを切ったが、2回に2失点を喫し、それ以外はほぼ完璧な投球を見せるも、味方の援護なく、6回3安打2失点と、クオリティ・スタート(6イニング以上を投げ、3自責点以内)を達成したが、3勝目を挙げることはできなかった。

初回は3者凡退に抑え好スタートを切った青柳晃洋だったが、2回1アウト走者なしの場面で高橋周平に四球を与えると、阿部寿樹の二ゴロで2アウト2塁のピンチを招き、前日の試合で決勝打を打たれている木下拓哉に右中間へタイムリー二塁打を許し、先制されると、続く根尾昂にもライト前ヒットを打たれ、2点を奪われたが、それでも3回以降は立ち直り、5回までは3者凡退に抑え、6回3安打2失点と粘りの投球を披露した。

勝目を挙げることができなかった青柳晃洋は「先発投手として先制点を与えてしまった所は反省点です」。と2回の2s失点を悔やんだ。

矢野監督も「状態自体は良かったと思うし、だからこそもうちょっと工夫というか、バッテリーでできることあったんじゃないかな。場面も、打たれ方ももったいない」。と2回の投球を指摘した。

5戦ぶりにマルチヒット放った近本光司

「1番・中堅」で先発出場した近本光司は、4打数2安打と5戦ぶりにマルチヒット放ち、打撃復調に一筋の光を灯した。

3回2アウト走者なしの場面で打席に立った近本光司は、中日ドラゴンズ先発の勝野昌慶の4球目144キロのストレートを捉え、センター前ヒットを放つと、8回先頭打者でセンター前ヒットを放ち、ノーアウトで出塁すると、糸原健斗も連打で続き、マルテの犠牲フライで1点をもぎ取った。

5戦ぶりにマルチヒットを放った近本光司が出塁することで、打撃好調の糸原健斗との連打で更に得点力がアップする今シーズンの阪神タイガース。

矢野監督も「うちのキーはチカ(近本)が塁に出ること」。と語るほど、1番近本光司の出塁が阪神タイガースの攻撃の起点なのだ。

開幕から不調が続いた近本光司だが、5戦ぶりにマルチヒットを皮切りにヒットを量産し、打撃の勢いが少し落ちている今の阪神タイガース打線を牽引し、迫り来る巨人を突き放す勝利を阪神タイガースにもたらしてほしいものだ。