SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

プロ初勝利に続き、7球で西武打線をねじ伏せた矢野監督絶賛の阪神中継ぎの救世主とは!?

プロ初勝利に続き2日連続で好投を披露した齋藤友貴哉

5月29日にメットライフドームで行われた西武ライオンズ戦に、3番手でマウンドに上がった齋藤友貴哉は、1回7球1安打無失点と前日のプロ初勝利に続き、2日連続で好投を披露し、存在感を放った。

1点を追いかける8回に3番手でマウンドに上がった齋藤友貴哉は、先頭打者の中村剛也を1球でセンターフライに打ち取ると、栗山巧にセンターへヒットを許すも、呉念庭を初球でバント失敗に誘い、ダブルプレーに陥れ、わずか7球で西武打線を抑え込んだ。

この試合154キロを記録した力強いストレートを軸にした投球で、西武打線を抑え込んだ齋藤友貴哉は、「大事な場面で自分の仕事を果たすことができた。次回は三者凡退でチームに勢いをつけられるような投球をしたい」。と振り返った。

齋藤友貴哉は、前日28日の試合で2点を追いかける8回に登板し、無安打無失点の好投で阪神タイガースに攻撃の流れを作り、直後に佐藤輝明の1試合3本目となる勝ち越し3ランホームランなど一挙5点を奪う逆転劇を呼び込み、プロ初勝利をマークしていた。

プロ初勝利をマークした齋藤友貴哉に対し、矢野監督は「ちょっとね、中継ぎも苦しくなってきてるところで、こうやって出てきてくれると助かるし。元々ボールの強さとかそういうところはあるピッチャーなんで。こういう1個1個を自信にして、もっと貪欲にやってくれたら、あいつ自身の人生も変わるし、チームとしても助かるんで」。と疲れが見え始める中継ぎ陣の救世主として期待を寄せていた。

矢野監督の期待に応える2試合連続無失点の好投を披露した齋藤友貴哉には、中継ぎ陣の救世主として強力なパ・リーグ打者を相手に自慢のストレートで抑え込んでもらいたい。