SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

4戦連続Hに矢野監督も絶賛の糸原復帰でもスタメン譲らぬ活躍を披露するのは!?

4試合連続安打放った北條史也

6月5日に甲子園球場で行われたソフトバンクホークス戦に、「2番・二塁」で先発出場した北條史也は、4打数1安打と4試合連続安打を放ち、存在感を放った。

3回1アウト走者なしの場面で打席に立った北條史也は、ソフトバンクホークス先発のマルティネスの初球151キロのストレートをレフトに弾き返し、マルテの先制2ランホームランを呼び込んだ。

前日4日の試合では初回から先制タイムリーヒットを放ち、2日のオリックスバファローズ戦では2打席連続のタイムリーヒットを放つなど、4試合連続安打の中でしっかりと結果を残している北條史也に対し、矢野監督は「本来これくらいの力はある。チャンスメークや打点を挙げていい働きをしている」。と2番の活躍を評価していた。

4試合連続安打と1軍復帰後、躍動を続ける北條史也が二塁を守る中、5日のウエスタン・リーグの中日ドラゴンズ戦で、下肢のコンディショニング不良から回復した糸原健斗が20日ぶりに実戦復帰した。

登録を外れたのは5月19日で、実戦は16日の巨人戦以来となる糸原健斗だったが、初回ノーアウト1塁の場面で打席に立った糸原健斗は、中日ドラゴンズ先発の岡野祐一郎から7球粘り、最後は高めのシュートを見極めて四球を選び、3回には先頭打者で岡野祐一郎の7球目107キロのカーブを捉え、レフト前ヒットを放った。

20日ぶりの実戦復帰で、2打数1安打1四球と問題ない動きを披露した糸原健斗は、「体の方も問題ないですし、しっかり動けていたと思う。支えてくれた全ての方々に恩返しができるように、一日も早く1軍で活躍できるようにやっていきたいと思います」。と1軍復帰へ意気込んだ。

平田2軍監督は糸原健斗のプレーを見て「素晴らしいねぇ。もう何のブランクも感じなければ、フォアボールを選ぶ、レフト前へ打つ、ライトへの凡打の内容も全てOK。だから、若い高寺、遠藤によく見とけって言ってさ。バッティングも含めて、若い選手の参考にさせてもらってるよ。ベンチでも盛り上げてくれてるし、やっぱり元キャプテンやな」。と1軍復帰へ太鼓判を押した。

想定した2試合の実戦調整を終える前に復帰へGOサインが出た糸原健斗は、早ければ8日の日本ハムファイターズ戦から1軍へ合流すると見られる。

糸原健斗が不在の中、躍動する北條史也や中野拓夢が糸原健斗の1軍復帰後どのような活躍を披露し、スタメンの座を死守するのか注目だ。