SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

9戦ぶり適時打で3戦連続H!ここ3戦打率.416と打撃復調気配の阪神矢野監督ベタ惚れの好打者とは!?

9試合ぶりにタイムリーヒットを放った中野拓夢

7月6日に神宮球場で行われたヤクルトスワローズ戦に、「8番・遊撃」で先発出場した中野拓夢は、3打数1安打1打点1盗塁と9試合ぶりにタイムリーヒットを放ち、阪神タイガースの勝利に貢献した。

3回に大山悠輔の17試合ぶりの9号ソロホームランで先制した阪神タイガースは、4回にも佐藤輝明のタイムリーツーベースヒット、梅野隆太郎の犠牲フライで2点を追加し、3点差で迎えた4回2アウト1、2塁のチャンスの場面で打席に立った中野拓夢は、ヤクルトスワローズ先発の田口麗斗の初球140キロのストレートをライトに弾き返し、9試合ぶりにタイムリーヒットを放ち、さらに続く青柳晃洋の打席で盗塁を成功させ、セ・リーグ3位となる通算15盗塁を記録した。

9試合ぶりにタイムリーヒットを放った中野拓夢は「(直前に)大山さんが申告敬遠された後だったので、何としても自分がランナーをかえしたいと思った」。と2アウトから価値のある追加点を生み出した。

6月24日の中日ドラゴンズ戦以来、9試合ぶりにタイムリーヒットを放った中野拓夢は、3試合連続安打をマークし、ここ3試合、12打数5安打、打率.416と打撃復調の兆しを見せている。

6試合連続、24打席連続ノーヒットと疲労の蓄積により、調子を落としていた中野拓夢がようやく再浮上を始めた。

リーグ戦折り返しも目前に控える中、中野拓夢がどのような活躍を披露し、阪神タイガースの勝利に貢献するのか佐藤輝明に負けず劣らず、注目度が高まっている。