SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

4戦ぶり15号でここ3戦打率.375!矢野監督も絶賛の活躍見せる阪神の強打者とは!?

4戦ぶり15号ソロ放ったマルテ

7月8日に神宮球場で行われたヤクルトスワローズ戦に、「4番・一塁」で先発出場したジェフリー・マルテは、2打数1安打1打点1HR2四死球と4試合ぶりとなる15号ソロホームランを放ち、阪神タイガースの勝利に大きく貢献した。

2回先頭打者で打席に立ったマルテは、ヤクルトスワローズ先発のスアレスの2球目141キロのカットボールを捉え、打った瞬間にスタンドインと分かる当たりをレフトスタンド中段に突き刺す先制の15号ソロホームランを放ち、4回先頭打者でフォアボール、8回にはデッドボールで出塁し、梅野隆太郎の同点タイムリーヒット、大山悠輔の勝ち越し3ランホームランを呼び込んだ。

4試合ぶりとなる15号ソロホームランを放ったマルテは「浮いてきたボールを1球で仕留めることができたね。先制点が欲しかったから、自分の仕事をすることができて良かったよ」。と振り返った。

3日の広島カープ戦以来、4試合ぶりのホームランを放ったマルテは、ここ3試合で8打数3安打1打点1HR5四死球、打率.375と阪神タイガースの4番として、矢野監督も絶賛の活躍を披露している。

マルテがホームランを放ち、「ラパンパラポーズ」が飛び出せば、阪神タイガースは盛り上がる。

本日9日からの巨人との首位攻防戦でも、マルテの一発でチームに勢いをつけ、リーグ戦折り返しを前に巨人を突き放しておきたい。