SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

昇格即先発でプロ1号!矢野監督の抜擢に応える阪神史上初の育成ドラフト指名選手でHR放ったのは!?

阪神育成ドラフト指名選手で初アーチ放った小野寺暖

9月30日に阪神甲子園球場で行われた広島カープ戦に、この日1軍に昇格したばかりの小野寺暖が、「7番・右翼」で先発出場し、3打数1安打1打点1HR1四球と、矢野監督の起用に応える球団の育成ドラフト指名選手で初アーチとなるプロ1号を放った。

1点を追いかける4回、先頭打者で打席に立った小野寺暖は、広島カープ先発の玉村昇悟の5球目140キロのシュートを完璧に捉え、ぐんぐん伸びた打球はセンター左のスタンドへ突き刺さる一時同点の阪神タイガースの育成ドラフト指名選手で初アーチとなるプロ1号ホームランを放った。

一時同点のプロ1号ホームランを放った小野寺暖は、今まで経験したことのない歓声を背に無我夢中でダイヤモンドを一周し、打った瞬間は入ったのか分からなかった。ファンの皆さんが喜んでくれていたので分かりましたし、甲子園で今まで経験したことのない歓声を受けることができて、本当にうれしかった。1本目を甲子園で打つことができて良かったですし、次も打てるように頑張りますと、喜びを爆発させた。

今季5度目の1軍昇格となった小野寺暖は、ウエスタン・リーグで打率と出塁率の2冠を達成し、阪神2軍リーグ優勝に大きく貢献した。

2軍で見せていた勝負強いバッティングを1軍でも昇格する度に期待されてきたが、今シーズン5度目の1軍昇格で矢野監督の粘り強い起用に応える一発を放った。

このままレギュラーを奪って、最後まで出続けて、何としても1位になることだけを考えてやっていきたいと、意気込む小野寺暖が有言実行でヒットを量産し、シンデレラボーイになれれば、阪神タイガースのリーグ優勝をたぐり寄せるだろう。

 

甲子園で今まで経験したことない歓声を受けた小野寺暖が、その歓声を力に変え、ここから大化けする活躍ができるのか注目だ。