SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

6打点1HR猛打賞の大暴れ!阪神残り試合全勝へ矢野監督が1軍復活待ち望む強打者とは!?

2ラン含む3安打6打点で1軍復帰猛アピールのサンズ

10月16日に行われたフェニックス・リーグのヤクルトスワローズ戦に、「4番・左翼」で先発出場したジェリー・サンズは、3打数3安打6打点1HR1四球と、2ランホームラン含む3安打6打点で、1軍復帰へ猛アピールした。

初回、1アウト2、3塁のチャンスの場面で、ヤクルトスワローズ先発の木澤尚文の6球目ストレートをセンターへ運び、2点タイムリーヒットを放つと、2回2アウト1塁の場面で、再び木澤尚文の2球目カーブを捉え、2ランホームランを放ち、マルチヒットを記録すると、5回ノーアウト満塁のチャンスの場面で、三度木澤尚文の初球ストレートをレフトへ運ぶ2点タイムリーヒットを放ち、猛打賞を記録した。

2ランホームラン含む3打数3安打6打点と大暴れの活躍を披露したサンズは、打撃復調へ手応えを掴んだ。

サンズは、打撃不振で2日に出場選手登録を抹消され、今季初の2軍調整となっていた。

フェニックス・リーグ初安打を同点タイムリーヒットとし、そこから3安打6打点1HRと打撃爆発し、チームも北條史也、小幡竜平、高山俊、江越大賀が本塁打を放ち、ヤクルトスワローズから26安打27得点を奪う大勝を挙げた。

26安打27得点を奪う大勝を呼び込む打撃を見せたサンズの1軍復活を矢野監督も待ち望んでいる。

逆転リーグ優勝へ向け、残り8試合全勝したい阪神タイガースの起爆剤として、サンズの昇格が待たれる。