SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

42Sでセーブ王を確定させ阪神の絶対的守護神となったスアレスが来季流出の可能性がある理由とは!?

来シーズン残留かはスアレス本人次第

今シーズン、62試合に登板し、1勝1敗42S、防御率1.16と、セ・パ両リーグ唯一の40セーブを挙げ、セーブ王を確定させ、阪神タイガースの絶対的守護神となったロベルト・スアレス。

そのスアレスがメジャー球団を含めた国内外球団への流出危機であることが10月29日に分かった。

その理由は、昨オフにスアレスと結んだ2年契約は、2年目をどうするかスアレス側に選択権を与える契約となっており、11月中に交渉がまとまらなければ自由契約となり、争奪戦に発展する形となってしまうのだ。

従って、スアレスが来シーズンも阪神タイガースで戦いたいと思わせられるかどうかが来シーズンのスアレス残留に大きな影響を与える。

 

阪神タイガースがすでに、スアレス残留を後押しする行動を見せており、30日に3日ぶりに行われた全体練習では、10月初旬にスアレスが試合前の円陣で語ったメッセージ「Play Tigers Baseball」がプリントされたTシャツを全員で着用し、CS突破へ向け、秋晴れの甲子園でCSファーステージに向けてチーム一丸となった。

16年ぶりVを逃した阪神タイガースは、17年ぶりVを来シーズン掴むため、なんとしてもCSを突破し、日本一を奪い、スアレスに来シーズンも阪神タイガースで共に戦いたいと思ってもらえるようにしなければならない。