SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

梅野隆太郎が巨人移籍も視野に検討!?FA権行使に悩む梅野隆太郎が出す決断は?

梅野隆太郎が巨人移籍も視野に検討!?

国内FAの資格を取得し、熟考の構えを見せている阪神タイガースの梅野隆太郎が、まさかの巨人移籍も視野に検討しているようだ。

矢野監督は、自身がFA権を取得し、悩んだ経験を踏まえ、FAで周りの評価を聞きたいのは自然なことで、決断を待つしか今はできないと、梅野隆太郎の意思を一番に尊重したい気持ちから、あまり積極的に行動を起こしていないが、梅野隆太郎にとってはそれが逆効果となっている。

矢野監督の慰留に積極的でない姿勢に、梅野隆太郎は大きなショックを受け、残留から移籍へ考えが傾いてしまっている。

梅野隆太郎がFA権行使となれば、正捕手を今季、固定しきれなかったDeNAベイスターズやオリックスバファローズ、ペナント奪還を目指す巨人など複数球団の争奪戦が予想される。

巨人にいたっては、正捕手だった大城卓三の一塁へのコンバートが有力視されており、二番手の小林誠司も打力不足で守備固め要員の域を脱しておらず、正捕手となりうる梅野隆太郎の獲得が一番の補強ポイントとなりそうだ。

梅野隆太郎は、阪神タイガースの扇の要として、高い捕球技術、ブロッキング能力で、2014年は出場試合数が規定に達した選手で唯一の捕逸0をマークするなど、3年連続ゴールデングラブ賞に輝いている。今シーズンもシーズン後半は疲れで打撃不振に陥ったものの、得点圏打率.321と勝負強い打撃を披露し、勝利を決める一打で阪神タイガースを幾度となく勝利に導いてきた。

梅野隆太郎がFA権行使に心が傾く中、他球団の評価を見てみると、巨人含めセ・リーグの他球団は、守備面、打撃面はもちろん脅威だが、足の速さと犠打のうまさで打線を繋ぐ阪神タイガースのキーマンとなっていた点を高く評価している。

矢野監督もテレビ出演で、来年も一番、レギュラーに近いのは梅野隆太郎に変わりはないと発言するなど、ようやく梅野隆太郎への思いを言葉にし始めているが、果たして梅野隆太郎の心にどれだけ響いているだろうか。

阪神タイガースファンとしては、球団の残留交渉が実り、大型複数年契約で生涯虎宣言を聞きたい所だが、梅野隆太郎が悩み抜いた結果出す答えがどのような決断となるのか注目だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内