SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

バックスクリーン直撃の推定130m弾!2年ぶりの1軍昇格を目指す井上広大

特大2号ソロ放った井上広大

4月21日に鳴尾浜球場で行われたウエスタン・リーグの広島カープ戦に、井上広大は「4番・右翼」で先発出場し、4打数1安打1打点1HR。バックスクリーン直撃の特大2号ソロホームランを放ち、2年ぶりの1軍昇格へアピールした。

2回先頭打者で打席に立った井上広大は、広島カープ先発の中村祐太の7球目141キロのストレートを捉えると、バックスクリーンへ豪快に放り込む。4月3日のオリックスバファローズ戦以来の本塁打となるバックスクリーン直撃の推定130m特大2号ソロホームランを放った。

ホームランには納得の表情を見せた井上広大だが、今季はまだファーム18試合で打率2割の本塁打2本。昨年はファームで50打点をマークし、将来へ英才教育を受けている井上広大。矢野監督をはじめとする周囲からの期待値はもっと高く、更なる進化を誓う。

セ・リーグ全球団から3タテを食らい、沈むに沈んだ阪神タイガースを復活させる為、井上広大という若き大砲の活躍は間違いなく起爆剤になる。

2軍でしっかりと結果を残し、井上広大が1軍の舞台で、阪神タイガースの救世主となる活躍を披露してくれることを期待したい。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内