SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

5試合連続無失点で存在感!矢野監督の信頼増すラウル・アルカンタラ

5試合連続無失点の好投披露したアルカンタラ

4月24日に神宮球場で行われたヤクルトスワローズ戦に、阪神タイガース3番手でマウンドに上がったラウル・アルカンタラは、1回を12球で、1安打無失点1奪三振の好投で、5試合連続無失点を記録し、阪神タイガースの勝利に貢献した。

7回、阪神タイガース3番手でマウンドに上がったアルカンタラは、先頭打者のオスナを3球目149キロのストレートでサードファールフライに打ち取るも、大下佑馬の代打で打席に立った濱田太貴に3球目148キロのストレートをピッチャー強襲の内野安打を許す。

1アウト1塁とランナーを背負ったアルカンタラだが、内山壮真を4球目134キロのスプリットで空振り三振、太田賢吾を2球目134キロのスプリットでセカンドフライに打ち取り、危なげなく無失点で切り抜けた。

これで5試合連続無失点と好投を続けるアルカンタラに対し、矢野監督も信頼を寄せており、勝ちパターンでの起用が続いている。

7回アルカンタラ、8回湯浅京己、9回岩崎優の勝利の方程式で、盤石のリレーを形成し、阪神タイガースの逆襲を巻き起こしてもらいたい。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内