SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

7試合連続無失点で2軍防御率0.00!1軍復帰へ着実に本来の姿取り戻す島本浩也

7試合連続無失点の島本浩也

6月29日にタマホームスタジアム筑後で行われたソフトバンクホークス戦に、阪神タイガース2番手の馬場皐輔に代わり、3番手でマウンドに上がった島本浩也は、1回を25球で無安打無失点2奪三振。7試合連続無失点の好投で、1軍昇格へアピールした。

8回、阪神タイガース2番手の馬場皐輔に代わり、3番手でマウンドに上がった島本浩也は、先頭打者の笹川吉康を7球目145キロのストレートで見逃し三振に切って取ると、続く渡邊陸も8球目144キロのストレートで二者連続の見逃し三振。

最後は、黒瀬健太に10球粘られるも、137キロのフォークでサードゴロに打ち取り、7試合連続無失点を記録した。

1回を25球と各打者に粘られるも、二者連続の見逃し三振など意地を見せ、三者凡退に切って取った島本浩也は、試合を重ねるごとに状態が上がっており、1軍昇格へ着実に前へ進んでいる。

島本浩也は、2019年に中継ぎとして、63試合に登板し、防御率1.67の好成績を残し、阪神タイガースの中継ぎを支えていたが、2020年はコンディショニング不良で1軍登板はなく、2軍戦の1試合のみ。オフにトミー・ジョン手術を受け、2021年から育成契約となり、背番号「120」をつけ、再出発を切っていた。

長いトンネルを抜け、5月29日の中日ドラゴンズ戦で、705日ぶりに実戦マウンドに立ち、無失点の好投を披露すると、そこから無失点ピッチングを続け、この試合で7試合連続無失点となった。

本来の姿に試合を重ねる度に、近づいている島本浩也が、1軍マウンドに復帰するのは時間の問題のようだ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内