SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【阪神ドラフト査定/評価:C】浅野翔吾の外れ1位で獲得の森下翔太は右のロマン砲!門別啓人など素材型を揃えた

12球団完全データファイル2022

オリックス&ヤクルトがともにリーグ連覇を飾った2022年。多くの記録も生まれたメモリアルなシーズンを、詳細データをベースに12球団ごとに細かく振り返ろう!

【ドラフト査定/評価:C】ドラ1・森下はロマン砲!全体的には悠長すぎるか

ドラフトでは巨人が1位指名を公言していた浅野翔吾(高松商高)に突撃したが、クジで敗れ、森下翔太(中央大)を外れ1位で指名した。森下は182センチ88キロの外野手。リーグ戦通算9本塁打の長打力が売りで外野守備も高い評価を得ている。4年生になってからは春秋のリーグ戦で出塁率4割台をマークしているが、確実性はやや疑問。ただ、右の大砲としてのパワーは十分だ。

ドラ2・門別啓人(東海大札幌高)は最速150キロ左腕。スライダーやカーブ、チェンジアップも使え、王道左腕の道を歩みそうだ。ドラ3・井坪陽生(関東一高)は高校通算32発の外野手。神宮球場の上段まで運ぶパワーの持ち主で未来の大砲候補に加わる。

ドラ4・茨木秀俊(帝京長岡高)は柔らかくヒジが使える最速147キロ右腕。変化球などはまだ未完成だが、素材を高く評価した。ドラ5・戸井零士(天理高)は強打が自慢の遊撃手。高校生ながら二塁や三塁も守れるユーティリティ性を持つ器用さも武器。

ドラ6・富田蓮(三菱自動車岡崎)は高卒3年目の左腕。U-23ワールドカップでは4試合16回を2失点で抑え、日本代表の優勝に貢献した。素材型の選手を揃えたが、チームの穴を埋める守備や小技に特化した即戦力野手の使命はなし。職人型の社会人野手の見極めは上手だと思うのだが……。

阪神タイガース2022ドラフト指名選手

1位 森下翔太 外野手 中央大
2位 門別啓人 投手 東海大札幌
3位 井坪陽生 外野手 関東第一
4位 茨木秀俊 投手 帝京長岡
5位 戸井零士 内野手 天理
6位 富田蓮 投手 三菱自動車岡崎
育1 野口恭佑 外野手 九州産業大

出典:『がっつり! プロ野球(33)』

『がっつり! プロ野球 (33)』11月24日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内