SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

今季20試合目の登板で7ホールド目の17年ドラ1右腕、馬場皐輔!【阪神】

チームは勝率5割に復帰

 阪神の馬場皐輔が8月29日の対広島戦の8回に登板。1イニングを3人で抑え今季7ホールド目を挙げた。これで今シーズン20試合の登板となり、区切りの試合を勝利で終えることが出来た。

 馬場皐輔は2017年ドラフト1位で阪神に入団。昨年まで1軍通算4試合だが、昨季は2軍で102回1/3を投げ、着々と一軍での活躍を狙っていた。

 今シーズンも開幕は2軍だったが、一軍昇格後は調子は安定しており、7月の月間防御率は10試合9イニングで2.00。8月も9試合8イニングで2.25だ。チームも9月へ向けて勝率5割に復帰。優勝争いからその先へ。馬場皐輔の右腕には大きな期待がかかっている。