SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

盗塁は昨季トップ!「野球太郎」お薦めの阪神先発オーダーとは?

打線の破壊力アップへ

昨季はチーム打率がリーグ4位で本塁打が5位。盗塁はトップでも得点はワーストだった。

では、その得点力を高めてくれる助っ人をどう生かすか。まず、昨季のマルテは一塁を守ったが、新加入のボーアは一塁で、サンズは外野か一塁。ポジション問題がネックになりそうだ。

ならば、中軸は経験あるマルテが4番で、前後に糸井嘉男、福留孝介。1、2番は近本、糸原健斗、6番以降は梅野、大山悠輔、木浪。となると、ベテランの糸井、福留にもしものことがあった場合、助っ人勢を活用するのか。

いずれにせよ、近本、糸原のコンビだけは崩さないことが大事だろう。

守りは失策102個でリーグワースト。三塁の大山が20個、遊撃の木浪が15個で北條史也も11個と、三遊間の改善が急務。外野は近本の加入で向上した。


※=打者は左打、投手は左投、◎=両打
打者の記録は打率、投手は防御率
ーー次回【広島東洋カープ編】へ続く >

(初出:【野球太郎No.034 (2020年月2月25日発行)】)

【書誌情報】
『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。