SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

プロ10年目にして自身初の三盗をマークした山田哲人!

通算172個目の盗塁を決めた山田哲人

7月4日に神宮球場で行われたDeNAベイスターズとの第2戦でプロ10年目にして自身初となる三盗をマークした山田哲人。

7回ノーアウト1、2塁の場面でセカンドゴロを放ち、一塁走者が二塁封殺されて出塁した山田哲人。続く青木宣親がセカンドゴロで1点を追加し、村上宗隆が敬遠され、2アウト1、2塁にチャンスが広がり、打者・西浦直亨の場面で1塁走者の村上宗隆と共に重盗を仕掛けた結果、三盗は成功すると共に国吉佑樹の悪送球を誘って、一気に山田哲人はホームに生還した。

通算172個目の盗塁がプロ10年目にして自身初の三盗となった。

打率.226とまだ低いものの、現時点でホームラン4本と盗塁4と山田哲人はトリプルスリーへ向け、着実に数字を積み重ねている。