SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

5打数4安打2打点1HRの活躍で奥川恭伸をプロ初勝利に導いた!山崎晃大朗

プロ初勝利を掴んだ奥川恭伸

4月8日、神宮球場で行われた広島カープとの一戦で、今季初勝利を目指しマウンドに上がった奥川恭伸が、1回に2アウト走者なしから5連打を浴び、いきなり4失点するなど苦しみながらも、味方の援護に助けられ、プロ初勝利を掴んだ。

奥川恭伸は初回、2アウトからの5連打で4失点を広島カープに奪われるも、その裏に味方が4点を奪って同点に追い付き、2回表ノーアウトから雷雨で54分間の中断に見舞われたが、気持ちを立て直して続投したが、3回には、先頭打者の鈴木誠也に138キロのストレートをレフトスタンド中段に運ばれるも、またしてもヤクrと打線が3回に2点を奪い逆転に成功、4回に1点、5回に3点を加点しリードを広げてもらい、奥川恭伸は4、5回は無失点に抑えた。

5回10安打5失点と苦しみながらもプロ初勝利を掴んだ奥川恭伸は「先輩たちが何度も追い付いてくれて、勝ち越してくれて、その気持ちにのせられて4回、5回はしっかりと腕を振ることができた」。とヤクルト打線の大量援護に感謝した。

5打数4安打2打点1HRの活躍見せた山崎晃大朗

「1番・中堅」で先発出場した山崎晃大朗が5打数4安打2打点1HRの活躍で、奥川恭伸をプロ初勝利に導き、ヤクルトの連敗を「2」で止め、本拠地の神宮球場で今シーズン5試合目にして初勝利をもたらした。

初回、山崎晃大朗はセンター前ヒットを放ち、奥川恭伸が広島カープから奪われた4点を取り返すうヤクルト打線の猛攻を呼び込むヒットを放つと、4回には先頭打者で広島カープを突き放すソロホームランを放ち、点差を2点に広げると、5回にもタイムリツーべースヒットを放つなど5打数4安打2打点1HRの活躍でチームの勝利に大きく貢献した。

山崎晃大朗は「神宮で開幕してから4戦勝てていなかったので、きょうはみんなで勝ち取ろうと話していたので、何とか一勝できてよかった。自分にとっては大きなチャンス。それを逃さないように毎日、アピールしていきたい」。と気合を入れた。