SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【ドラフト査定/評価:B】重い球質はまさに神宮向き!大型左腕の山下輝は先発ローテ入りなるか!?

12球団完全データファイル2021

両リーグ、前年最下位チームが優勝を果たしという前代未聞のシーズンとなった2021年。12球団の詳細なデータをもとに、今季の戦いぶり&来季に向けた課題、期待値を完全掲載!

【ドラフト査定/評価:B】大型左腕の山下輝は僥倖!剛速球の柴田で救援強化

大学ナンバーワン左腕と言われた隅田知一郎(西日本工業大/西武)こそ獲れなかったが、外れ1位で大型左腕の山下輝(法政大)をニブイチで引き当てて一安心。山下は188センチ95キロの体格が魅力で、最速151キロのストレートに精度の高いスライダーやツーシーム、カーブを操る。大学1年時にトミー・ジョン手術を受け、大学3年で本格デビューを果たしたが、安定した投球を続け、昨秋は防御率0・98で最優秀防御率に輝いた。その後、左尺骨の疲労骨折が判明したのは、少し怪しい要素だが、重い球の持ち主でまさに神宮向きだ。

2位の丸山和郁(明治大)は俊足強肩の外野手。やや小柄でパンチ力には欠けるが、バットコントロールに長け、今年は春夏連続ベストナイン入り。足の速さと守備力は即1軍で通用するだろう。3位の柴田大地(日本通運)も大学4年でトミー・ジョン手術を受けたが、社会人で開花し、今夏には最速156キロも記録した剛腕。140キロ台のスプリットも持つ馬力型の右腕。リリーフで1年を投げ抜くスタミナもありそうだ。

4位・小森航大郎(宇部工高)は172センチと小柄だが、高校通算26本塁打のパワーを秘める遊撃手。瞬発力が高く、リーダーシップや取り組み姿勢も評価されている。5位・竹山日向(享栄高)は最速153キロの速球派右腕。しっかりとまとまったドラフトを展開した。


【新戦力査定/評価:A】サンタナ、オスナが躍動!ドラ4・元山もセンス有

日本シリーズ2発のサンタナはまさに救世主。シーズン116試合で打率・290、13本塁打をマークし、打線に厚みを出したばかりか、全力疾走も怠らず、チームを盛り上げた。オスナは調子の波はあったが、シーズン本塁打を放ち、日本シリーズでも7安打。20代後半でまだ伸びしろは残っている。家庭の事情で帰国したため、日本シリーズでの登板はなかったが、サイスニードも先発で6勝2敗、防御率3・41とパワー全開。新助っ人が当たりまくった。

さらに楽天を戦力外になり、ヤクルトに移籍した近藤弘樹は22試合に登板し、0勝1敗、11ホールド、防御率0・96と好成績を残し、第二の今野龍太になれそうな予感。ドラフト組ではドラ4・元山飛優がショートで猛アピール。97試合で打率・255、3本塁打、出塁率・322とまずまずの打撃能力を見せ、西浦直亨との勝負に持ち込んだ。

しかし、ドラ1・木澤尚文は二軍でも22登板で防御率6・07と結果を残せず、ドラ2・山野太一は2軍でもほとんど登板できなかった。ここはツケになりそうだ。またトレードで加入した田口麗斗はしぶとく活躍し、気迫を見せた。内川聖一はさすがに潮時か…?


【セリーグ優勝&日本一】東京ヤクルトスワローズ

【2021シーズン成績】
73勝52敗18分
勝率 .584
得 点 625 ①
失 点 531 ③
本塁打 142 ②
盗 塁 70 ②
打 率 .254 ③
防御率 3.48 ③


打率3割台はいなかったが、チーム出塁率.333はリーグトップ。村上宗隆と山田哲人が本塁打を量産し、チーム本塁打数は2位だった。規定投球回到達なしはゆとりローテの結果。リリーフは登板数が多かったが、基本4連投はなく、原理原則を守った。


出典:『がっつり! プロ野球(30)』

『がっつり!プロ野球(31)』1月31日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内