SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

高校時点では森下暢仁(広島)以上。高卒でプロに行くべき九州きっての右腕とは?

将来性の高い川瀬堅斗(大分商)

スカウト的観戦者カルト座談会②
※センバツが中止発表される前に開催された座談会です。もし開催されていたら、という視点でお読みください。

──ソフトバンク川瀬晃の弟、川瀬堅斗(大分商高)についてもう少し詳しく聴きたいです。

髙梨 先輩の森下暢仁(広島)以上に、高卒でプロに行ったほうがいいタイプ。パワーがあるし、平均球速も高校時点では川瀬の方が上です。それに大分商の選手って猛練習してきているから、上に行っても大丈夫そう、という信頼感があります。

──中学のときに交通事故に遭って、野球できるかわからなくなるくらいの手術をしたとか。

蔵 それを感じさせない荒っぽさ。その勢いで全国でも押し切れるかどうか。九州大会では結構ファウルの連続で粘られていたので、一冬越えてどうなるかですよね。

yuki 素材型というか将来性のある投手だし、今年のセンバツ次第でもっと注目されると思います。

──中京大中京高のエース・髙橋宏斗はみなさん挙げていませんが

髙梨 リストには入れませんでしたけど、力は抜けています。それに中京大中京の戦力は今年の高校球界でピカイチ。近畿勢に取りこぼさなければ、普通に考えて優勝ですよ。

yuki 髙橋は、髙橋純平(ソフトバンク)に似ているような気がするんです。まだフォームにばらつきがあってそれが成績にも出ている。それにプロに入ってすぐ活躍できるタイプでもない。4~5年かけて育つような気がします。

髙梨 中森にしても髙橋にしても一冬越しての伸び次第では、大学進学ではないでしょうか。蔵さんが推す小林樹斗(智辯和歌山高)は即プロに行ったほうがいいと思います。

蔵 技術は別として、素材としては中森よりも小林のほうが上だと思います。それがちゃんと伸びるかどうかわからないですけどね。

高梨 昨年センバツでの明石商高戦のリリーフを見る限りは、問題ないと思うんですけど。

蔵 あの投球が先発時でも出せるようになれば。智辯和歌山は中谷仁監督になって、バッテリーもかなり強化される雰囲気がありますね。

ーー次回【カルト座談会③へつづく】へ続く

【 髙梨雅男の注目選手(大学・社会人含む)】

【座談会参加者】
蔵建て男(くらたてお)、yuki、髙梨雅男、FGE
進行:野球太郎編集部 構成:オグマナオト
※WEB「ラブすぽ」用に日本文芸社で元記事を再構成しています。
(初出:【野球太郎No.034 (2020年月2月25日発行)】)

【書誌情報】
『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。