SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

「ミサイルみたいな球」「由規級の騒ぎ」ドラフト有力な153キロ高校生右腕とは?

圧倒的な力でプロ入りなるか篠木健太郎(木更津総合高)

スカウト的観戦者カルト座談会⑤
※センバツが中止発表される前に開催された座談会です。もし開催されていたら、という視点でお読みください。

──センバツには出ない選手たちも見ていきます。まず、投手で気になる高校生は?

髙梨 yukiさんオススメの篠木健太郎(木更津総合高)がとんでもないことになると思います。この春で153キロとか出して、由規(楽天)みたいに騒がれるんじゃないかと。ミサイルみたいな球です。

yuki 確かに、軽く投げて148キロくらい出しますから。投げる球が生き生きしていて、2安打完封とか圧倒的な投球ができる。横山陸人(ロッテ)も専大松戸高時代の春にすごいピッチングをしましたけど、それを上回る素材です。

蔵 スキがないタイプですね。

──笠島尚樹(敦賀気比高)は?

蔵 ヒジが下がって出てくるんですが、このタイプにしては意外とコントロールがいい。手元までグッとくるので実戦的で、さらに球速が上がればかなり面白そう。ただドラフト1位というタイプではなく、中位くらいで実戦的というイメージ。

高梨 投げ方がいいですもんね。あとは、もしかしたら創価高の森畑侑 大も騒がれるかも。すでに145キロまで球速が出ているみたいです。

yuki 早実の宇野竜一朗とか、今年の東京は面白いと思います。

ーー次回【カルト座談会⑥へつづく】へ続く

【座談会参加者】
蔵建て男、yuki、髙梨雅男、FGE(ファームゲームイーター)
進行:野球太郎編集部 構成:オグマナオト
※WEB「ラブすぽ」用に日本文芸社で元記事を再構成しています。
(初出:【野球太郎No.034 (2020年月2月25日発行)】)

【書誌情報】
『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。