SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

「メジャーでも2ケタ勝てる」ドラフト最大の目玉となる奪三振マシーンとは?

代表クラスを子ども扱いの伊藤大海(苫小牧駒澤大)

ドラフト座談会「大学生編」①

──今年は大学生には有望選手が多くいますが、みなさんの評価は?

高梨 正直な話、今年のアマ全体でも伊藤大海(苫小牧駒澤大)が抜け ていると思います。ドラフトで一番の目玉じゃないですか。プロに入ってからの伸びしろは大きくないかもしれないですけど、今でも十分通用しますよ。なんなら、メジャーでも2ケタ勝てる可能性も。

FGE 大学日本代表の合宿に行って、僕もナンバーワンは伊藤って思いましたね。次元が違いすぎた。代表レベルを真っすぐだけで子ども扱いしてましたから。数えたら、今まで8回も伊藤を見ているんですけど、彼がダメな日をほとんど見たことがない。

yuki 変化球もよくて、真っすぐもいい。変化球をいろいろとツイッターで見せたりとか、今どきの一面も見せていますね。

──蔵さんはどう見ていますか?

蔵 伊藤は爆発力があるのは間違いない。それを持続できるのかどうか。そういう部分を最終学年で見てみたい。プロでは爆発力よりも安定力が求められたりしますから。

ーー次回【ドラフト座談会「大学生編」②へつづく】へ続く

 【 高梨雅男の注目選手(高校・社会人含む)】

【座談会参加者】
蔵建て男、yuki、髙梨雅男、FGE(ファームゲームイーター)
進行:野球太郎編集部 構成:オグマナオト
※コロナの影響が出る前に開催された座談会です。
※WEB「ラブすぽ」用に日本文芸社で元記事を再構成しています。 (初出:【野球太郎No.034 (2020年月2月25日発行)】)

【書誌情報】
『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。