SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

早実時代の清宮幸太郎がまったく対応できず。ドラフト有力の最速149キロ右腕とは?

東都2部、日大のエース格・小谷野楽夕(こやの・がくゆう)

ドラフト座談会(大学生編)④

──東京六大学野球組の充実っぷりが目立つ中、蔵さんは東都2部の日本大から小谷野楽夕を挙げています。

蔵 小谷野は秋がさっぱりでしたけど、春はすごかったですよ。順調にいけば中位以上を狙える投手かと。

髙梨 日大三高2年のときに早実1年だった清宮幸太郎(日本ハム)と対戦して、清宮がまったく対応できませんでしたね。ただ、小谷野は高3でヒジを悪くしたんですよね。

蔵 秋にあまり投げなかったのも、またヒジが痛むのかな。普通にやればバリバリのエースですよ。

──地方組ではyukiさんオススメの赤上優人(東北公益文科大)。

yuki 球が本当に速いし、社会人相手でも手玉に取ってました。変化球もちゃんと決まるし、相当いいと思います。去年、赤上のあとに佐々木朗希を見たんですけど、赤上のインパクトの方が残ったんですよ。

FGE 意外と器用なんですよね。僕もリストに入れるか最後まで悩みました。今年はまた南東北が注目されるんじゃないですかね。サイドで140キロ台後半を出す松澤寛人(石巻専修大)も候補だろうし。

【 蔵建て男の注目選手(高校・社会人含む)】
ーー次回【ドラフト座談会(大学生編)⑤へつづく】へ続く

【座談会参加者】
蔵建て男、yuki、髙梨雅男、FGE(ファームゲームイーター)
進行:野球太郎編集部 構成:オグマナオト
※新型コロナの影響が出る前に行われた座談会です。
※WEB「ラブすぽ」用に日本文芸社で元記事を再構成しています。
(初出:【野球太郎No.034 (2020年月2月25日発行)】)

【書誌情報】
『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。