SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

効果を最大化する為にストレッチはゴールデンタイムを狙う!

同じようにストレッチしていても、筋肉が気持ちよく伸びるときもあれば、いつもより伸びにくいと感じるときもあります。効果的にストレッチをするためにぜひ注目してほしいのは、筋肉のコンディションを左右する体温です。

筋肉は、筋線維の束とそれを覆う筋膜で構成されていて、柔軟性の鍵を握っているのは筋膜の主要部分であるコラーゲン。体温が上がっているときは、筋肉も十分に温まってコラーゲンが柔らかくなり伸ばしやすい理想的な状態です。一方、体温 が低いと筋肉が熱を作り出そうとして緊張するのに加え、コラーゲンも硬くなるために、筋肉は伸びにくい状態になり、伸ばすためには強い力が必要になります。

ですから、ストレッチは体温が上がっているときが狙い目。入浴後のストレッチがよいといわれるのはこのためです。40度のお風呂で10〜15分の全身浴をすると血液の循環がよくなって、体温が0.5〜1.4度上昇します。また、入浴後よりも体温が上がるのは運動後。運動といってもスポーツのように激しいものである必要はありません。帰宅後や買い物で歩いた後、家事の後などは筋肉が適度に温まってびやすい状態、まさにゴールデンタイムです。体を冷やさないように適度な室温と服装で行うことも肝心です。

デスクワークの最中や寝起き、眠気を感じるときなどは体温が下がっている時間ですが、ストレッチをしてはいけない、ということではありません。体温が低いときには動きを小さくして、無理をせずに行ってください。

【書誌情報】
『世界一すごいストレッチ』
監修:坂詰真二

1日たった10秒でモデルのような美しい姿勢が手に入る!『世界一やせるスクワット』の監修者が教える、効果絶大な“世界一すごいストレッチ”を大公開!「太りやすい」「なんか最近疲れやすい」「実年齢よりも老けて見える」そんな人はその姿勢に原因があるかもしれません。雑誌やテレビで活躍するモデルさんなどがそうですが、パッと見で全身がキレイに見える人はただ単に痩せているから、というわけではなく、“姿勢”がとても整っています。デスクワークやスマホの普及などにより、下を向く機会が増えたことで、うしろ姿が猫背姿勢になっている方は多くいます。本書では、1日10秒で効果絶大な、姿勢が良くなる“おなか”と“胸”を同時に伸ばせる究極の時短ストレッチを紹介します!姿勢が良くなることで見た目にオーラが漂うだけでなく、健康面でも様々なメリットがあるほか、太りにくいカラダも手に入ります。さらにカラダが無理なく伸ばせるのでとても気持ちよく、リラックス効果も抜群です。どこでも簡単にできるたった10秒のストレッチ効果を、ぜひ体験してみて下さい!