SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

柔軟性の左右差に気づいたら早めに対処を!

生活習慣や、スポーツ歴、あるいはケガや病気が原因となって、柔軟性に左右の差が生じます。この左右差は、できる だけ解消したいもの。

硬いほうの筋肉や関節は、動きが悪いためあまり使わず、ますます硬くなって、左右差は広がってしまいがちです。左右の柔軟性がアンバランスだと、姿勢や動作にも影響し、特定の筋肉や関節に負担が集中して疲れやすくなります。ゆがみの原因にもなるので、血行不良や神経の圧迫などが起こってさまざまな不調を招き、骨や関節が変形してしまうおそれもあります。

本書の「ゆがみ解消ストレッチ」のような左右セットのストレッチをするときは、硬いほうは柔らかいほうの倍のセット行って、左右差を毎回少しずつ解消していきましょう。また、イスの座り方や立ち方など、日常生活のなかで左右差を生む原因となるような習慣や癖を改善することも大切です。

【書誌情報】
『世界一すごいストレッチ』
監修:坂詰真二

1日たった10秒でモデルのような美しい姿勢が手に入る!『世界一やせるスクワット』の監修者が教える、効果絶大な“世界一すごいストレッチ”を大公開!「太りやすい」「なんか最近疲れやすい」「実年齢よりも老けて見える」そんな人はその姿勢に原因があるかもしれません。雑誌やテレビで活躍するモデルさんなどがそうですが、パッと見で全身がキレイに見える人はただ単に痩せているから、というわけではなく、“姿勢”がとても整っています。デスクワークやスマホの普及などにより、下を向く機会が増えたことで、うしろ姿が猫背姿勢になっている方は多くいます。本書では、1日10秒で効果絶大な、姿勢が良くなる“おなか”と“胸”を同時に伸ばせる究極の時短ストレッチを紹介します!姿勢が良くなることで見た目にオーラが漂うだけでなく、健康面でも様々なメリットがあるほか、太りにくいカラダも手に入ります。さらにカラダが無理なく伸ばせるのでとても気持ちよく、リラックス効果も抜群です。どこでも簡単にできるたった10秒のストレッチ効果を、ぜひ体験してみて下さい!