SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

右腕1本で打つドリルがアウトサイドインの修正に最適なのは?【100を切れない7つの理由・10の上達法/阿河徹】

Text:阿河徹

右腕の使い方を覚える 右手1本で打つ

ダウンスイングで体が前に突っ込んで、ボールに覆いかぶさるようになる人は、クラブが外から入ります。軌道がアウトサイドインになるため、フェースが開けばスライス、閉じればひっかけになります。

このような動作反応の人は、右手1本で打つ練習をすると修正ができます。両手でクラブを持つと、左手を振り下ろす動作に伴って、右サイドがついてきてしまいますが、右手だけで振り下ろすと右肩を残すことができます。

この練習を行うときには、トップオブスイングで右手の人差し指の第2関節と第3関節の間にクラブが、乗っていることを確認してください。手首の角度をキープしたまま下ろしてきたら、インパクトの直前でリリースしてボールをとらえます。グリップを強く握り込んで、力任せに打つと効果がありませんので注意してください。

【書誌情報】
『100を切れない7つの理由・10の上達法 劇的に上手くなるスイングの作り方』
著者:阿河徹

なかなか上手くならないアマチュアゴルファーのスイングには、致命的な欠陥がある。そこで本書では、アマチュアのスイングの悪いクセを7つを解説。さらに、著者が「スイングの設計図」と呼ぶ、正しいスイングの動きをイラストでわかりやすく紹介する。そして、その基本の動きが身につき、上達に役立つ10のスイング・ドリルも公開する。スイングに悩んでいる人をはじめ、これからスイングを学ぶ人、基本を再度見直したい人も活用できる一冊である。