SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ナイスショットを放つためには前傾角度をキープしすぎない方がいい理由とは!?【「圧力系」インパクトの作り方/阿河徹】

Text:阿河徹

前傾角度をキープしようとしすぎない

フォロースルーですが、前傾角度をキープしようとすると動きが止まってしまい、3時から4時のポジションでスイングが終わってしまいます。

ですから、インパクトした後は意識的に前傾姿勢を崩すようにしてください。ヨコ回転のイメージが必要なのはこのタイミングで、そうすることでブレーキが外れ、比較的楽に立ち上がることができると思います。


圧力型スイングのチェックポイント


【書誌情報】
『70台は楽に出る!「圧力系」インパクトの作り方』
著者:阿河徹

ボールがクラブフェースにきちんと当たる確率を高め、飛距離が十分出る― そんなスイングを実現するため著者ススメているのが「圧力系インパクト」。小さなバックスイングで強いインパクトを実現する。本書では、このインパクトの作り方を写真を数多く用いて解説。70台のスコアも可能にする、ゴルファー待望の一冊だ。