SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

右手でボールを打ちにいく&当てにいくゴルファーに多いインパクトで肩が突っ込むクセを直す方法とは?【見るだけで劇的に上手くなるスイングの作り方/阿河徹】

Text:阿河徹

インパクトで肩が突っ込むクセを直す

◎肩が突っ込む~こするようにボールを打ってしまう動き

●両肩がターゲットに早めに向いてしまう
「肩が開いているよ」と指摘されたことのある人は、右肩が前に突っ込んでインパクトをしているゴルファーです。

ダウンスイングからインパクトにかけて、両肩が早めにターゲット方向に向いてしまう現象になります。

ダウンスイングでアウトサイドからクラブが下りる人に多く、ボールをこする打ち方になります。

右手でボールを打ちにいく、当てにいくゴルファーにも多く見られます。

◆これで改善!

インパクトで右肩を低く抑えるようにしよう!
改善ポイントとしては、まずはグリップエンドのコントロールを意識することです。

インサイドからクラブヘッドを下ろし、グリップエンドを先行させてダウンスイングしていきます。

このとき、右の上腕が体の近くを通るため、自然と右肩の位置が低くなります。

右肩がしっかり収まれば、突っ込むことなく正しいインパクトを迎えることができます。

出典:『見るだけで劇的に上手くなるスイングの作り方 飛ばない、曲がる、安定しないをスッキリ解決!』/著:阿河徹

【レッスンプロ情報】
●阿河 徹
ツアープロコーチ。東北高校ゴルフ部コーチ。レッスン歴19年。サンディエゴゴルフアカデミー卒業。米国ゴルフ留学時にデーブペルツショートゲームスクール、アズメディアゴルフスクールなどでゴルフ理論を学ぶ。現在はトップクラスのゴルフ理論とコーチ経験で、藤本佳則、塩見好輝、森田遥、宮里美香などトッププロのスウィング指導を行う。NTTドコモのゴルフアプリ「GOLFAI」の開発監修も担当。東京都世田谷区の井山ゴルフ練習場でアマチュアゴルファーのレッスンも行っている。

【書誌情報】
『見るだけで劇的に上手くなるスイングの作り方 飛ばない、曲がる、安定しないをスッキリ解決!』
著者:阿河徹

アマチュアゴルファーの多くは、球数を多く打てば、あるいはラウンド経験を積めばゴルフが上手くなると思っている。 しかし、スイングに致命的な欠陥がある限り、スコア100を切ることはあっても、コンスタントに90を切ることは到底できない。 そこで本書は、ゴルファーにスイングの根本的な問題を認識してもらい、正しいスイングのメカニズムを理解することからスタート。そのポイントとは「クラブヘッドとグリップエンドの入れ替え動作」。なぜショットが飛ばないか、曲がるのか、スイングが安定しないのかを解決する方法を、このポイントをテーマに写真とQRコード付動画で具体的に解説する。 また、上達に直結する練習ドリルも数多くのカラー写真を使ってわかりやすく紹介している。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内

オススメ記事