SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

私たちの体はどうやってウイルスと戦うの?【病理学の話】

Text:志賀貢

前線部隊と後続部隊が協力して攻撃

体の免疫システムには、どのような敵に対しても同じような機構で防衛する「自然免疫」と敵の性格を知り、その敵に対して専門的な武器で防御にあたる「獲得免疫」と呼ばれる2つのシステムがあります。

どんな敵に対しても素早く反応してやっつける自然免疫は、いわば「前線防衛システム」であり、私たちが生まれつき備えているものです。

それに対して、以前の敵を覚えておいて、同じ敵が再度現れたときに専用の武器を用いてやっつける獲得免疫は、主に初期防衛システムで撃退できなかったときに働く、「後続防衛システム」といえます。

獲得免疫の中には、「抗原(敵)」に対して専用の「抗体」という武器をつくって対応する「液性免疫」と、敵を覚えているリンパ球が攻撃殺傷にあたる「細胞性免疫」があります。

細胞性免疫にはT細胞があり、液性免疫にはB細胞があります。この2つの免疫システムが状況に応じて的確に働き、外敵から身を守っているのです。

リンパ球のひとつであるT細胞には「ヘルパーT細胞」「キラーT細胞」「サプレッサーT細胞」の3種類があります。

キラーT細胞は、ウイルス感染細胞やがん細胞を殺傷し排除する細胞性免疫に関わります。ヘルパーT細胞は抗原刺激に応答して、他の免疫細胞の働きを調節する司令塔の役割をします。

B細胞は抗体という特殊な武器を産生する細胞です。抗体は特定の敵だけを無力化する〝矢〞もしくは〝ミサイル〞のようなものです。

特定の相手にしか作用せず、周囲を巻き込むことはありません。しかし、このような優れた防御システムも、「老化」には抗あらがえません。

成熟期以降に加齢とともに臓器の機能が低下し、恒常性の維持が難しくなり、死にいたる過程を「老化」といいます。恒常性とは、外部の環境が変化しても生体内部の体温、血圧及び化学的内容物などが一定に保たれている状態です。

T細胞を成熟・分化させる免疫器官の「胸腺」は、10歳前後には最大35gありますが、年齢とともに脂肪組織に置き換えられ、最終的にはわずかに散在するだけになり、この結果、リンパ球(T・B細胞)の機能低下がおこり、悪性腫瘍の発生を抑制する力も低下してしまうのです。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 病理学の話』
著:志賀 貢

シリーズ累計発行部数150万部突破の人気シリーズより、「病理学」について切りこんだした一冊。病理学とは「病(気の)理(ことわり)」の字のごとく、「人間の病気のしくみ」です。コロナウイルスが蔓延する中で、人はどのようにして病気になるのかが、改めて注目されています。細胞や血液、代謝や炎症、腫瘍、がん、遺伝子などと、人体のしくみ・器官、食事を含む生活、加齢などさまさまな環境との関連から、「病気」を解明するもの。専門書が多いなか、病気とその原因をわかりやすく図解した、身近な知識となる1冊です。