SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

眼ヨガは「イタ気持ちいい」くらいの強さで押すと効果的!

Q.目のまわりを刺激する際にどれくらいまで力を入れてもいいの?

A.「イタ気持ちいい」くらいの強さで

基本的には「イタ気持ちいい」くらいが目安。経穴を押す力をだんだん強めていくうちに、気持ちよさと痛さが同時に来る感覚がありますので、その強さで押してください。ただ触れているだけでは刺激になりませんので注意してください。

【書誌情報】
『ビックリするほど目が良くなる本』
監修:龍村修

パソコン、スマホで疲れた目が「眼ヨガ」でいっきに爽快に!パソコンやスマホなどに触れる機会が増え、目に疲れを感じている人は多くいます。一見目だけの症状にも思えますが、目のまわりの血流が悪くなると、そこから肩コリ、首コリ、疲労感といったカラダの不調に繋がってしまいます。そんな時にオススメなのが「眼ヨガ」です。目のまわりの12のツボを押すだけで、近視、乱視、遠視、疲れ目、ドライアイ、肩こりなど、様々な症状が改善します。たった1分からできる「眼ヨガ」は、薬のような対処療法ではなく、根本の原因から解消できるので、目とカラダの不調がビックリするほど良くなります!