SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

腕の振りと身体の動きが同調できる両手打ちドリルとは!?【板橋繁の世界標準インパクトで飛ばす!G1スウィングの真実】

Text:板橋繁

ティー打ちドリル step3▼両手打ち

●「ティー打ちドリル」最終段階!
「ティー打ちドリル」最後のステップは両手打ちです。

クラブを逆さに持ち、左手打ちのようにグリップ側で地面を叩きます。右前腕の長さのぶん、左手打ちよりも前(正面側)の地面を叩くことになりますが、できるだけ身体に近い部分の地面を叩くことを意識します。

右手が下のまま手元を目標方向に出さず、左腰の横に来るようにしっかりと左に向かってスウィングし、ヒジや手首が伸びたり手を返したりしないように気をつけましょう。

【世界標準】腕の振りと身体の動きが同調する!

出典:『世界標準インパクトで飛ばす!G1スウィングの真実』著/板橋繁

【レッスンプロ情報】
●板橋繁
Gold One Golf Schoolディレクターオブゴルフ。全米ゴルフ教師インストラクター協会日本支部 (USGTF JAPAN) 主席試験官。1967年生まれ。日本体育大学大学院体育学修士課程修了。日体大ゴルフ部時代は同期の伊澤利光プロとともに活躍。卒業後は日体大ゴルフ部コーチ兼スポーツトレーニングセンターに勤務し、オリンピック選手とプロゴルフアーのトレーニングを指導。1995年に渡豪し、ヒルズ学園高校ゴルフ部監督に就任。ジュニアゴルフの育成と数々の勝利に貢献する。2002年からは、豪州のトッププロ養成学校 A Game Golf Academy 日本人担当コーチを務めた。運動力学を主体にした独自のコーチング理論とメンタルコントロール論を確立し、ツアープロのコーチングも担当する。

【書誌情報】
『世界標準インパクトで飛ばす! G1スウィングの真実99%のゴルファーが知らない“裏面ダウン”徹底解説!』
著者:板橋繁

ゴルフスウィングには様々な種類がありますが、2つに大別することができます。一つは日本人ゴルファーのほとんどがやっている日本標準スウィング、もう一つはゴルフの最高峰PGAのプロたちが行っている世界標準スウィングです。日本式は切り返しからダウンスウィングでクラブフェースをボールに向けて下ろし、リストターンをしてボールを打ちます。世界標準はフェースの向きを変えず、ボディターンで打っていきます。日本式に比べ動きがシンプルになるため、ボールのミート率がよくなり、飛距離アップにつながります。本書の著者・板橋繁プロはオーストラリアで20年以上のゴルフレッスンの実績を持ち、日本で数少ない世界標準スウィングを教えられるコーチの一人。自身で世界標準スウィングを研究し「G1(ジーワン)スウィング」というスウィング・メソッドでゴルフレッスンを行っています。同プロは初の著書が10万部を超えるヒット作となり、YouTubeチャンネル登録者数は8万人を数えるほどの人気ティーチングプロ。この本では、G1スウィングのメソッドをカラー漫画による図解を交えてわかりやすく解説。さらに、写真や動画を使ってスウィング動作や上達につながる練習ドリルを数多く紹介しています。ゴルフ初級者からスウィングに悩んでいるゴルファーまで、幅広い層に受け入れられること必至のゴルフ書籍です。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内