SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

クラブが振り子のように自然に行ったり来たりするような感覚を掴む『ティー打ちドリル』とは!?【板橋繁の世界標準インパクトで飛ばす!G1スウィングの真実】

Text:板橋繁

ティー打ちドリル

【STEP1/右手打ち】クラブに働く慣性を感じる!
右手で右手でクラブを逆さに持って、グリップ側でティーを打つドリルです。クラブに働く慣性を感じながら、スウィングの軸を形成するのにとても役立ちます。大切なことは手を返したりせず、手先ではなく身体でスウィングすること。「当てに行こう」とするとかえって当たらないので、クラブが振り子のように自然に行ったり来たりするような感覚でスウィングしましょう。

【STEP2/左手打ち】身体でクラブを動かす感覚を掴む!
「ティー打ちドリル」の左手バージョンです。と言っても、右手打ちと違って打つのはティーではなく地面。腰の前で左手首とシャフト角度を90度に保ち、両ツマ先を結んだ線上の中心から10〜15センチ程度前の地面をグリップ側で叩きます。手元が肩の下より前(正面側)に出ないようにし、できるだけ身体の近いところを通るように意識してください。

【STEP3/両手打ち】「ティー打ちドリル」最終段階!
「ティー打ちドリル」最後のステップは両手打ちです。クラブを逆さに持ち、左手打ちのようにグリップ側で地面を叩きます。右前腕の長さのぶん、左手打ちよりも前(正面側)の地面を叩くことになりますが、できるだけ身体に近い部分の地面を叩くことを意識します。右手が下のまま手元を目標方向に出さず、左腰の横に来るようにしっかりと左に向かってスウィングし、ヒジや手首が伸びたり手を返したりしないように気をつけましょう。

出典:『世界標準インパクトで飛ばす!G1スウィングの真実』著/板橋繁

【レッスンプロ情報】
●板橋繁
Gold One Golf Schoolディレクターオブゴルフ。全米ゴルフ教師インストラクター協会日本支部 (USGTF JAPAN) 主席試験官。1967年生まれ。日本体育大学大学院体育学修士課程修了。日体大ゴルフ部時代は同期の伊澤利光プロとともに活躍。卒業後は日体大ゴルフ部コーチ兼スポーツトレーニングセンターに勤務し、オリンピック選手とプロゴルフアーのトレーニングを指導。1995年に渡豪し、ヒルズ学園高校ゴルフ部監督に就任。ジュニアゴルフの育成と数々の勝利に貢献する。2002年からは、豪州のトッププロ養成学校 A Game Golf Academy 日本人担当コーチを務めた。運動力学を主体にした独自のコーチング理論とメンタルコントロール論を確立し、ツアープロのコーチングも担当する。

【書誌情報】
『世界標準インパクトで飛ばす! G1スウィングの真実99%のゴルファーが知らない“裏面ダウン”徹底解説!』
著者:板橋繁

ゴルフレッスン界の風雲児ともいわれている菅原大地プロ。その秘密は、アマチュアに寄り添ったスウィング理論と、わかりやすい教え方にあり、自身のYouTubeチャンネル「DaichiゴルフTV」の登録者数は36万人超(2021年11月末現在)を数えるほどの大人気ぶりだ。菅原プロの目指すスウィングは「力がなくても飛ばせるスウィング」=最大効率(サイコー)スウィング。効率のいいスウィングの実現が飛距離を伸ばすことにつながるという。本書では、そのスウィング・メカニズムをていねいに解説し、ゴルファー人生最大の飛距離を実現する方法をレッスンする。本書オリジナルのレッスン動画(二次元コード付)とカラー写真によってビジュアル面も充実、わかりやすいテキストを加えた、ゴルファー必読のスウィング・レッスン本である。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内

オススメ記事