SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

バックスイングで前傾姿勢を崩さない方法とは!?【大人のやり直しゴルフ学/高野裕正】

バックスイングで前傾姿勢を崩さない方法

アドレスした時にできている前傾姿勢をスイング中に維持することができるアマチュアゴルファーは少ないです。バックスイングですでに左肩が浮いて肩がフラットになってしまう人がほとんどで、前傾姿勢が崩れてしまっているためダウンスイング以降ありとあらゆるエラー動作が引き起こされます。

●肩がフラットになっているトップ



野球のバッターがスイングする時の右肩と左肩の高さはほぼ同じですが、ゴルフは地面にある球を打つため前傾姿勢が必要で、そのためトップでは左肩が右肩より低い位置になります。ゴルフが難しいのは両手でクラブを握るからで、両手が使えると楽をしたくなります。

前傾姿勢を保つためにはある程度の体幹や腹筋が必要で、バックスイングで左肩甲骨を伸ばし、ダウンスイングからフィニッシュまで右肩甲骨を伸ばしますが、両手で何気なくバックスイングをすると、左肩が上にあった方が楽なので、多くのゴルファーは肩がフラットになるようにバックスイングをしたくなります。

ではどうすれば前傾姿勢を崩さずにバックスイングするかというと、
トライ① アドレスしたら右手だけでクラブを持つ
トライ② 右胸を開いて腕が地面と平行になるようにバックスイング方向に右腕を伸ばす
トライ③ 左手で遠くのものを取るようにしてグリップをつかみにいく

こうすると左の肩甲骨を伸ばす感覚が掴めるはずです。そのときに、左手は「アッパーカットをする」イメージでグリップをつかみにいくと、左脇と肩甲骨の動きを自然と感じ、肩がトップでフラットにならないバックスイングができます。PGAツアーを見る人はマシュー・ウルフのスイングを参考にしてください。どうしても体が固い人は、左カカトをややヒールアップすると良いでしょう。

●トライ