SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

正しいストライクゾーンを理解すべき理由とは!?【少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56】

正しいストライクゾーンを理解する


【どうして?】
●ボールはヒットになりづらいから


ルールブックには、ストライクゾーンについて「打者の肩の上部とユニフォームのズボンの上部との中間点に引いた水平のラインを上限とし、膝頭の下部のラインを下限とする本塁上の空間」と説明があり、「このストライクゾーンは打者が投球を打つための姿勢で決定されるべきである」とある。

「打つための姿勢」というのは、前の足とバットが一番離れたところの姿勢のこと。変化球を「1、2の3」で打つときの、「2の」の瞬間だ。バッティングでは、それまでどんな構えをしていても、この瞬間は同じ姿勢になる。

つい「低めに構えたら、ストライクゾーンが狭くなるんじゃないか?」と考えがちだが、これは間違い。極端に低く構えたりすると、かえって審判の印象が悪くなることもあるので、バッティングは自分が一番打ちやすいフォームを心掛けよう。

【監督からのひと言】学童野球もプロ野球も、大谷翔平選手らがプレイするメジャーリーグも、ルールは同じ。「公認野球規則」というルールブックに基づいているんだ。

出典:『少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56』監修/江藤省三

『少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56』
監修:江藤省三

少年野球の監督がレギュラーにしたい子供は大きく2つにタイプに分かれます。
・野球の技術、運動能力に優れている子
・野球のプレイに精通している子
野球は「投げる、打つ、走る」の能力が問われるスポーツで、これに優れた子供がレギュラー選手になる面が大きい。これが「野球の技術、運動能力に優れている子」です。
しかし、数多くあるいわゆる「野球技術向上本」は読んだところですぐには上手くならないのが現実。では、多くの“普通の子”にとって、何がレギュラーと補欠を分けるのか?それがもう一つの「野球に精通している子」かどうかという事です。
ルールを知らないのはそれ以前の問題ですが、監督は「ルールより少しだけ上のセオリーのプレイを知っている子」をレギュラー選手に使いたくなるものです。これに技術は必要なく「知っているか?知らないか?」の差でしかありません。
野球にはこのようなプレイが数多くあります。これができるかどうかで監督の評価は大きく変わってきます。
本書はその「知ればすぐにできる野球のセオリー」を集めました。これが出来るようになれば「明日から監督が使いたくなる選手」になれる1冊です。