SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

投手は味方のプレイに感謝、声掛けをすべき理由とは!?【少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56】

ピッチャーの時、味方のプレイに感謝、声掛けをする


【こんな良いコトが!】
そのひと言がチームの連帯感を生み出すから


よく言われることだが、「ピッチャーが投げなければ、野球は始まらない」。勝負の7割、8割はピッチャーで決まると言う人もいるほど、責任のあるポジションでもある。

これは投球内容だけに限らない。テンポのいい投球が野手陣の好プレイを引き出すことはよくあるし、逆に、リズムの悪い投球は、味方のエラーにつながってしまうことも。よくないのは、ゲームの中で孤立する「ひとり相撲」の状態だ。

 だからこそ、ピッチャーは常に、野手への声がけを習慣づけたい。好プレイには感謝を、エラーには「ドンマイ!」を。そうしてチームに連帯感、一体感が生まれれば、いい試合ができるはずだ。

出典:『少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56』監修/江藤省三

『少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56』
監修:江藤省三

少年野球の監督がレギュラーにしたい子供は大きく2つにタイプに分かれます。
・野球の技術、運動能力に優れている子
・野球のプレイに精通している子
野球は「投げる、打つ、走る」の能力が問われるスポーツで、これに優れた子供がレギュラー選手になる面が大きい。これが「野球の技術、運動能力に優れている子」です。
しかし、数多くあるいわゆる「野球技術向上本」は読んだところですぐには上手くならないのが現実。では、多くの“普通の子”にとって、何がレギュラーと補欠を分けるのか?それがもう一つの「野球に精通している子」かどうかという事です。
ルールを知らないのはそれ以前の問題ですが、監督は「ルールより少しだけ上のセオリーのプレイを知っている子」をレギュラー選手に使いたくなるものです。これに技術は必要なく「知っているか?知らないか?」の差でしかありません。
野球にはこのようなプレイが数多くあります。これができるかどうかで監督の評価は大きく変わってきます。
本書はその「知ればすぐにできる野球のセオリー」を集めました。これが出来るようになれば「明日から監督が使いたくなる選手」になれる1冊です。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内