SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

自宅で筋トレを行う際の課題とは!?

正しいフォームをマスターする

自宅で筋トレを行う際の課題の一つとして、フォームの習得があります。スポーツジムの場合、初心者にはスタッフがついて、トレーニング動作の説明やフォームチェックを実施してもらうことができます。しかし、自宅の場合には、そうはいきません。 初めての筋トレ種目を一人でマスターするためのポイントを紹介します。

[1]局面ごとに練習:多くの人は、書籍の写真を見て、いきなり全体を再現しがちですが、動作中のからだの感覚と実際の動きにはズレがあるため、正しくやっているつもりでも、間違った動作が習得されてしまうことがあります。そこで、最初は、書籍の説明を読み、写真を参照しながら、手順ごとに区切りながら確認していく方法をおすすめします。

例えば、腕立て伏せの場合、手幅を決める→床に手をつけて腕立て姿勢を作る→下ろす深さを確認する→呼吸を覚える→実際の動作スピードでやってみる、といった順に一つ一つの局面ごとに練習していきます。

[2]自分のフォームを動画で確認:ある程度できるようになった段階で、自分の動作を動画で撮影します。動画で確認すると、自分のイメージとかけ離れていることが少なくありません。書籍に掲載されているNGポイントを参照しながら、修正すべきところを絞りこんでいきましょう。

[3]修正ポイントを意識しながら練習:動画を見て、修正ポイントが把握できたら、その箇所を重点的に練習したり、全体 の動きの中で意識しながら練習したりして動作の修正を目指します。

【書誌情報】
『1日3分!ジムに行かずにマイナス5㎏!自宅筋トレ 続ける技術』
著:有賀誠司(東海大学スポーツ医科学研究所 教授)

ヒザ付き腕立て5回でも効くんです!!足に手を添えての腹筋だって効くんです!!筋トレ初心者、続かなかった方、待望の1冊!!トッププロ指導の傍らで、一般の方のボディメイクをサポートしてきた著者が「自宅筋トレ」を「続けるために」書き下ろしました!誰でも出来る!自宅で出来る!!続けて出来る!!!鍛えるために必要なのは、根性ではなく、この1冊!!!!